スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツには木のハンガーを! 無印良品 レッドシダーハンガー スーツ・ジャケット用 

先日友人の部屋を訪れたときに、スーツをクリーニング屋でくれるような針金ハンガーにつるしているのを見かけました。まあ、ハンガー代を節約したい気持ちはわかりますが、スーツのような重衣料(スーツ、ジャケット、コートなんかのこと)に針金ハンガーはご法度です

シャツのような軽衣料はともかく、スーツなどの重衣料はその名の通り、それなりに重さがあります。そのためスーツを針金ハンガーのように細いハンガーに吊るしてしまうと、間違いなく型崩れを起こしてしまいます。型崩れを起こしてしまったスーツほどみっともないものはありません。スーツには、しっかりと厚みのある木のハンガーを使って型崩れを防ぐことをオススメします!

ちなみに写真のハンガーは無印良品のハンガーです。こちらは厚みがあるので、ジャケットの型崩れを防ぐことはもちろんのこと、レッドシダー(杉の木)製なので防虫・消臭効果もあり、大事なスーツをかけるハンガーとしてはこの上ないものです。

大事なスーツを型崩れさせないためにも、ハンガーはいいものを使うことをオススメします!

無印良品 レッドシダーハンガー スーツ・ジャケット用


無印良品に関する詳細はこちら
スポンサーサイト

スーツのクリーニング回数はブラッシングで減る! 無印良品 ブナ材・豚毛 洋服ブラシ 

ビジネスマンにとってスーツは毎日着るもの。そのため手入れを怠るとすぐに薄汚れてしまいます。だからといって頻繁にクリーニングに出すのも考え物!意外と知られていませんが、スーツはクリーニングをするたびに痛んでしまうのです。ならばどうすればよいか?答えは簡単!毎日着た後に洋服ブラシでブラッシングしてあげればよいのです

最近では洋服ブラシを使っている人はめっきり少なくなってしまいましたが、昔はみんなスーツを着た後は洋服ブラシでブラッシングをしたものです。こんなことを言うと私は年寄りのように思われますが、これでも20代なのであしからず!

それはさておき、洋服ブラシを使うと何がいいか?答えは簡単!繊維の中に入り込んだ汚れを掻きだすことができるのです。この汚れが蓄積していくと目に見える汚れになるのです。ということで、毎日洋服ブラシでマメにブラッシングをしてあげることによって、だいぶ汚れを防ぐことができるのです!

ちなみに下の写真の洋服ブラシ無印良品の洋服ブラシです。こちらの洋服ブラシは豚毛を使用しており非常に洋服に優しくできています。そのためウールはもちろん、カシミアにだって使うことができる万能タイプの洋服ブラシなのです!

また、スーツのブラッシングはクリーニングの回数を減らすだけでなく、嫌なシワも取れやすくしてくれます。なんといってもシワのよったスーツはとても情けなく見えてしまうもの。マメなブラッシングで毎日パリッとしたスーツを着るのがモテリーマンへの近道というものです!

無印良品 ブナ材・豚毛 洋服ブラシ


無印良品に関する詳細はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。