スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッチ無しが上品なベルト Anderson's(アンダーソンズ) リアルリザード ノンステッチベルト 

男なら1本は持っていたいエキゾチックレザー(ヘビやトカゲなどの爬虫類革)のベルトですが、そういったものは装飾的過ぎる物が多く、シンプルでエレガントな1本を見つけるのはなかなか困難なものです。しかし、写真のAnderson's(アンダーソンズ)リザード(トカゲの革)ベルトはまさになかなかお目にかかれないシンプルでエレガントな1本と言えます。

アンダーソンズはイタリアのベルトメーカーで多くの有名ブランドのベルトの生産をしていることでも知られています。そんなベルトのことを知りぬいたアンダーソンズが作るベルトだけあって、こちらのベルトは非常に上品な仕上がりになっています。

何と言っても注目したのはステッチの無いノンステッチの仕上げになっていることです。ベルトに限らず、ここ数年ワザとらしいまでのステッチが入ったベルトがよしとされてきましたが、やはりスーツなどのドレススタイルにふさわしいベルトはステッチ無しのものです。ノンステッチ仕様のおかげでスーツにも違和感無くあわせられるエキゾチックレザーのベルトに仕上がっているのです。

Anderson's(アンダーソンズ) リアルリザード ノンステッチベルト
スポンサーサイト

コードバンのシューズと相性バッチリ! K.T.ルイストン コードバンベルト 

コードバンというと数ある革の中でも丈夫で、独特の深い光沢があり、ファンが多い素材として有名です。コードバンは革靴の素材として特に人気が高く、丹念に手入れをして何年も愛用をしている人が多くいます。そんなコードバンのシューズが好きな人にオススメしたいのが、写真のコードバン素材のベルトです。

こちらのベルトは海外製かと思いきや、何と日本製、K.T.ルイストンという日本の革製品専門のメーカーが作り出した、正真正銘のメイドインジャパンのコードバンベルトなのです。さすが世界に誇る日本の職人が丹念に一本一本仕上げたベルトだけあって、ステッチの一つ一つが美しく、素材に負けないハイクラスな作りに仕上がっています

ベルトは靴と色を合わせるというのがメンズファッションの定石となっていますが、素材まであわせるとさらに統一感が増し、オシャレ度もアップします。コードバンのベルトはコードバンシューズ好きならば絶対にもっていたい1本ですね!

K.T.ルイストン コードバンベルト

スーツスタイルの着崩し、アクセントにピッタリのベルト Ondata(オンダータ) 型押しベルト 

スーツスタイルのベルトといえばプレーンなカーフ(生後6ヶ月以内の子牛の革)素材の物が基本ですが、ちょっと着崩したい時や、アクセントをつけたいときには写真のような細身の型押し素材のベルトがオススメです。

こちらはOndata(オンダータ)のものなのですが、キレイなクロコ風型押しもなかなかのものですが、なんと言っても鮮やかなブルーの色合いがとっても素敵です。この鮮やかなブルーはネイビーのスーツにあわせるとなんとも言えない色気をかもし出します。

ベルトはあまり目立つことの無いアイテムだと思われがちですが、ジャケットを脱いだときなんかはかなり目立っています。こういう細かいところに気を配ってこそ本当のお洒落といえるものです!

Ondata(オンダータ) 型押しベルト

細身のスーツにあわせてみたいヘビ革ベルト AMBOISE(アンボワーズ) ベビ革ベルト 

スーツにあわせるベルトというと、カーフ素材のものが中心になると思いますが、たまには変わった素材のものを選ぶとちょっとしたアクセントになっていいものです。変わった素材のベルトというと、型押しのものなど色々とありますが、流行のナローラペルのスーツやナロータイが好きな人ならば写真のようなヘビ革素材のベルトがオススメです。

こちらのベルトはAMBOISE(アンボワーズ)というフランスの革小物を専門に作っているメーカーのもので、作りも信頼できるものになっています。ヘビ革素材というといやらしくなりすぎないかと心配する人も多いかと思いますが、こちらのベルトはヘビ革でも控えめに見えるようなつくりになっているので、スーツにも違和感なくあわせることができます。もちろんデニムなんかのカジュアルアイテムとも好相性です。

控えめな光沢が美しいこんなベルトはあえてフォーマルスタイルに合わせても面白いものです。カジュアルからフォーマルまで大活躍しそうなこんなベルトは1本あると便利かもしれませんね!

AMBOISE(アンボワーズ) ベビ革ベルト

タータンチェックのベルトでアクセント BEAMS(ビームス) タータンチェックリボンベルト 

夏になると着用するアイテムが少なくなるので、どうしても着こなしが単調になりがちです。そんなときには小物でちょっとしたアクセントを加えると着こなしにメリハリがつくものです。

写真のベルトはBEAMS(ビームス)タータンチェックのリボンベルトです。リボンベルトといっても、裏側にはしっかりとレザーを張っているので、ホールド感はバッチリです。また、比較的シックな色合いのタータンチェックなので、ビジネスカジュアルにもOKです。

ベルトというと黒や茶の革のものばかりを選びがちですが、たまにはこんな柄物を選んでみるのも面白いのではないかと思います。特に着用するアイテムが少ない夏の時期はとっても良いアクセントになってくれますよ

BEAMS(ビームス) タータンチェックリボンベルト


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。