スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリングコートとしても大活躍 SCYE(サイ) スピンツイル・ショップコート 

そろそろ真冬用のコートでなく、スプリングコートを着用したくなる季節です。しかし、スプリングコートというと着用時期が短いので、できる限り色々なスタイルに応用できるタイプを選ぶと活用度が高いというものです。下の写真のSCYE(サイ)ショップコートカジュアルにも使えるタイプのコートなので、様々なスタイルで大活躍してくれます。

実はこちらのショップコートは整備士が作業時に着用する「メカニカルコート」から発想を得て作られたコートなので、カーゴパンツデニムなどのカジュアルなアイテムとも好相性なのです。また、色目は通常のステンカラーコートのようなベージュなので、スーツの上にあわせてもまったく違和感が無いというわけなのです。

今までその活用範囲の狭さから、スプリングコートを敬遠していた人でも、このコートなら満足すること間違い無しです。

SCYE(サイ) スピンツイル・ショップコート
スポンサーサイト

スーツにもカジュアルに使えるベルテッドダウンコート PEUTEREY(ピューテリー) ダウンコート 

最近ではすっかり定着してきたスーツにダウンジャケットやダウンコートを合わせるスタイリングですが、丁度いい丈で、クオリティの高いものを見つけるのはなかなか難しいものです。しかし、写真のPEUTEREY(ピューテリー) ダウンコートはスーツにあわせてもジャストな着丈と上質な素材で、大人でも満足して着用できる1着に仕上がっています。

まず、こちらのダウンコートは「TXP」と呼ばれるマットな光沢感を備えた新素材を使用しており、一般的なナイロンを使用したダウンに比べ、格段に洗練された印象になっています。また、中綿はクオリティの高いダウン100%で保温性も申し分ありません。そして首元に配された上質なラビットファーが着心地を格別なものに昇華されてくれます。これほどこだわりを持ったダウンコートはそうあるものではありません。

カジュアルはもちろんスーツ、ジャケットスタイルにあわせても格好いいこちらのダウンコート。1着あると様々なスタイルで大活躍しそうです。

PEUTEREY(ピューテリー) ダウンコート

寒い冬のビジネススタイルにはダウンコートがオススメ 無印良品 ナイロンダウンハーフコート 

近年は地球温暖化もあり、冬でも暖かい日が続いたりもします。しかし、やはり1月、2月は身を切るような寒い日が続いたりします。そんな寒い日にはビジネススタイルにもダウンコートを取り入れることをオススメします。

ビジネススタイルにダウンコートというと、違和感を感じる人も多いかもしれませんが、最近ではキルティングコートと同様にダウンコートもビジネスファッションのワードローブとして認識されるようになって来ました。もちろんカジュアルで着るような派手な色合いのものは論外ですが、黒や茶などの落ち着いた色合いのダウンコートやジャケットであればスーツの上に羽織ってもOKです

ちなみに写真のダウンコートは無印良品のもので、スーツにあわせてもバランスが良い絶妙な丈に仕上がっています。あまり長い丈のダウンコートですと、スポーツっぽい印象になりますが、このくらいの丈ならまさにジャストといった感じです。寒がりな方にはスーツにもこんな感じのダウンコートがオススメです 。

無印良品 ナイロンダウンハーフコート


無印良品に関する詳細はこちら

3シーズン着用可能な優れたコート BEAMS(ビームス) 3ウェイスタンドカラーコート 

コートというとそれなりに値が張り、長年着用するアイテムなので、着まわしがきくものを選択するのが賢いコート選びであるといえます。

その点下の写真のBEAMS(ビームス)3ウェイスタンドカラーコートはシンプルなデザインとライナー(裏地)が取り外しできる3ウェイタイプという点から、大いに着回しがきくコートと言えそうです。

また、こちらのコートのライナーは取り外しができるだけでなく、ダウンベスト風のデザインになっているので、単体でも着こなすことが出来ます。そしてコートはライナーを取り外せば秋口や春先に着用でき、着方によっては3シーズン着用できるスグレモノです。

年が明けてからコートを購入するのはためらう方も多いのですが、このように着回しがきくコートならば冬があけても、また翌年も着ることが可能なので持っていても損は無いと思います。

BEAMS(ビームス) 3ウェイスタンドカラーコート


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら

ハイテク素材を使用したトレンチコート GEKKO(ゲッコー) ゴアテックス トレンチコート 

今年も高い人気を誇るトレンチコート。一般的にトレンチコートというと綿素材のものか、ナイロン素材のものが中心ですが、何とアウトドアアイテムによく使用されるゴアテックスを使用したトレンチコートがあるのです。それが下の写真のGEKKO(ゲッコー) のトレンチコートです。

こちらのトレンチコートはゴアテックスを使用しているだけではなく、実はシンサレートの中綿入りになっています。通常中綿が入っているコートは少々膨らんだシルエットになりがちなのですが、ダウンよりも保温性が高いシンサレートの薄い中綿を使用することで、中綿が入っても細身のシルエットを保つトレンチコートを実現しました。

トレンチコートは同じようなデザインが多く、人と差をつけにくいアイテムですが、こんな風に最新のハイテク素材を使用したコートで差をつけるとオシャレ感バツグンです。

GEKKO(ゲッコー) ゴアテックス トレンチコート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。