スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋服を買うときの注意点 革靴編 

革靴を買うときの注意点は以下の通りです。革靴の選び方を間違えてしまうと歩行に支障を来たし、健康にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。快適な歩行のためにも革靴は慎重に選んで購入をしましょう。

◆足長
足長とは足の長さのサイズのことです。日本製の靴の表記は「26cm」などのセンチ表記のためわかりやすいのですが、海外製は国によって表記がまちまちで注意が必要です。下に各国の革靴サイズの比較表がありますので参考にしてください。特にアメリカサイズとイギリスサイズは同じ「8」というサイズでも実際は1cmほど違うので要注意です
日本サイズ 25 25.5 26 26.5 27 27.5
アメリカサイズ 7.5 8 8.5 9 9.5 10
イギリス 6.5 7 7.5 8 8.5 9
ヨーロッパサイズ
(フランス、イタリア等)
40 41 42 43 44 45


◆足囲
足囲とは足の親指の付け根と小指の付け根の一周のサイズです。足囲のサイズと足長のサイズを測ることによってE~EEEのウィズ、もしくはワイズと呼ばれる幅のサイズが割り出せます。このウィズが狭すぎると窮屈に感じ、広すぎると足が靴の中で動いてしまい、歩行が不安定になります。日本人はウィズを意識せずに靴を購入する人が多いのですが、実は足長以上に重要なサイズですので、自身のサイズを把握し、正しいサイズの靴を選びましょう。
25.5 26 26.5 27
E 24.6cm 24.9cm 25.2cm 25.5cm
EE 25.2cm 25.5cm 25.8cm 26.1cm
EEE 25.8cm 26.1cm 26.4cm 26.7cm


◆ソールの硬さ
一般的に本格的な革靴ほど靴底は革で出来ています。革底の靴はゴム底の靴に比べ、通気性に優れ、足が蒸れにくいといった利点がありますが、硬い履は硬く雨に弱いといったデメリットもあります。逆にゴム底の靴は履き心地が柔らかく、雨に強いといったメリットがあります。また、一口に革底、ゴム底といっても使用している素材によって硬さは異なってきます。そのため実際に履いてみて底の感触を確認することが重要です。

以上の点をおさえれば革靴選びは完璧です。ただ履き始めから快適な履き心地な革靴は稀です。しかし正しいサイズの革靴を選んでおけば必ず後々の履き心地は良くなります。そのため始めの履き心地がよくないからといって諦めずに、根気足に馴染ませることが大切です。


革靴は試着が肝心です。
必ず試着をしてから購入をしましょう。
スポンサーサイト

洋服を買うときの注意点 ビジネスバッグ編 

ビジネスバッグを買うときの注意点は以下の通りです。ビジネスバッグは毎日使うものなので、丈夫なものを選ぶと失敗しません。

◆素材
素材は革のものが最も丈夫で、またビジネスファッションにもマッチします。特に革の中でもブライドルレザーという馬具に使用される革はバッグには最良の素材とえいます。しかし、革のバッグは重いといってデメリットもあります。そのため軽いバッグを好む人は丈夫なナイロン素材のバッグを選ぶとよいと思います。一口にナイロンといっても色々ありますが、バリスティックナイロン耐久性が高いのでバッグの素材に向いています。

◆縫製
全ての箇所において縫製が優れているにこしたことはありませんが、特にバッグ本体と持ち手の縫製には要注意です。この箇所の縫製が悪いと、重い物を入れたときに持ち手が取れてしまうといった悲劇に見舞われてしまいます。

◆金具
開閉箇所に金具を使用しているバッグは金具の良し悪しも確認すると失敗がありません。指で少し押したくらいで変形しそうな金具を使用しているバッグは1年ともたないことが多いので要注意です。また、金具の「音」にも要注意です。文章では表現が難しいのですが、良い金具は開閉時に澄んだ金属音がします。そしてジッパーで開閉するバッグの場合は、ジッパーのすべりの滑らかさを確認すると失敗しません。

以上の点をおさえればバッグ選びは完璧です。最近はナイロンバッグが隆盛ですが、やはり耐久性は革製の方が上です。長く使用するバッグを購入するならば革製のものを選ぶとよいと思います。


革のバッグは時と共に
味わいが増す喜びも味わえます。

洋服を買うときの注意点 コート編 

コートを買うときの注意点は以下の通りです。コートは冬の間は特に目立つアイテムです。そのため慎重に選ぶ必要があります。

◆サイズ
サイズに注意というと、当たり前のことのように思われますが、意外とコートのサイズ選びを間違えてしまう人は多いのです。例えば薄手のニットの上から試着をし、ジャストサイズを選ぶとスーツの上に着た時には窮屈に感じます。その逆も然りです。必ずコートは下に着用するものを想定し、着用時と同じ状態で試着をしましょう。

◆袖丈
スーツの場合はシャツのカフが1cm~2cm見えるくらいの袖丈が適切といわれていますが、コートの場合はもう少し長めが理想的です。コートは少なくともシャツのカフがすっぽりと隠れるくらいの袖丈のものを選ぶようにしましょう。

◆着丈
理想的な着丈は身長によって異なります。背の高い人は膝下くらいまである丈のものを、背の低い人は膝丈か、膝上丈のものを選ぶとキレイに見えます。

以上の点をおさえればコート選びは完璧です。ちなみに最近のコート選びの基準の一つとして「軽さ」という要素もあります。これは好みの部分もあるので、必ずしも確認すべきポイントではないと思いますが、軽めの素材が好きな人は判断基準に入れてもいいかもしれません。


コートは長持ちする物でもあるので
慎重に選びましょう。

洋服を買うときの注意点 シャツ編 

シャツを買うときの注意点は以下の通りです。シャツは自身のサイズを把握しておけば、それほど難しくありません。

◆ネックサイズ
ネックサイズとは首周りのサイズのことです。このサイズが大きすぎるとネクタイをしたときに首周りがゆがんで格好悪くなってしまいます。また、逆にきつすぎると第一ボタンが閉められなくなってしまいます。ネックサイズはシャツにとって非常に重要なポイントなので、自分の適切なサイズを把握しておきましょう。

◆後ろ衿の高さ
スーツと合わせる場合、シャツの後ろ衿はジャケット着用したときに隠れないようにしなければなりません。そのためには後ろ衿は3.5cm~5cmの高さが必要です。また、首が短めの人は後ろ衿が低めのものを、逆に長い人は高めのものを選択するとバランスよく見えます。

◆裄丈(ゆきたけ)
裄丈とは後ろ衿の中心からカフの先端までの丈です。日本人は短めの裄丈を好む人が多いのですが、あまり格好いいとはいえません。カフのボタンを開けた状態で親指の付け根に届くくらいがジャストサイズです。この状態で手首に丁度の丈の場合は、手を上げたときに袖口が下がり手首が露出してしまうので短いといえます。

身幅
身幅は胸周りのサイズです。このサイズが小さすぎると苦しく、大きすぎるとだらしのない印象になります。しかし、ネックサイズ、裄丈、身幅全てがジャストなシャツを探すのはなかなかに困難です。既製品のシャツを購入する上では、ネックサイズ、裄丈に比べればそこまでジャストサイズにこだわる必要はありません。

以上の点をおさえればシャツ選びは完璧です。シャツはあまり試着が出来ないアイテムなので、自分のサイズを把握しておくか、わからない場合は店員に測ってもらうと間違いがありません。


シャツの良し悪しは畳んである状態ではわからないもの
必ず広げて確認をしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。