スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外とシックに決まるメンズの七分袖シャツ フリークスストア UNIVERSAL FREAK'S(ユニバーサルフリークス) 七分袖 ボタンダウンシャツ 

そろそろ7月ということもあり、カジュアルがOKなオフィスに勤めている人は、シャツスタイルで通勤することが多くなってきているのではないでしょうか。今の季節だったら長袖で、もう少ししたら半袖のシャツの出番でしょうかね。しかし、長袖と半袖だけしかバリエーションがないというのも、なにか寂しいもの。そこで男でも七分袖のシャツをコーディネイトに取り入れると、グッと着こなしの幅が広がって面白いのではないかと思います

七分袖シャツというと、どちらかというとレディースのシャツの印象が強いのですが、男が着たって格好いいものです。特に細身の体系の男性が着るとさわやかな感じが出て格好いいものです。こんな格好いいシャツを女性だけのものにしておくのはもったいないと私は思います!

下の写真のシャツは一見五分袖に見えるのですが、袖に付いているボタンで七分袖、五分袖の調節が出来るちょっと便利なシャツです。今の季節なら七分袖に、真夏には五分袖に調節することで初夏から真夏までのシーズン着ることが出来ます。ちなみにこのシャツはフリークスストアUNIVERSAL FREAK'S(ユニバーサルフリークス)もの。フリークスストアというとカジュアルなアイテムが多い印象ですが、探してみると結構ビジネスにも使えそうなアイテムが多いのです。

夏はシャツスタイルが前面に出る季節です。こんなちょっとこだわりのあるシャツで人と差をつけたいものですね!
フリークスストア UNIVERSAL FREAK'S 七分袖 ボタンダウンシャツ
スポンサーサイト

暑い夏は吸汗速乾のインナーで快適に過ごす 無印良品 吸汗速乾クルーネックTシャツ(MUJITOGO) 

ビジネススタイルにおいて、シャツの下にTシャツなどのインナーを着るか否かは、意見の分かれるところです。ちょい悪系を気取っている方々は頑なにインナーは着るべきでないと主張をしていますが、私は「着る」派です。なぜかというと、冬の寒さは何てことないのですが、夏に汗をかいた際に、Tシャツなどのインナーが無いとべたついて気持ちが悪いからです

日本の夏の平均気温は30℃を超えます。そんな夏は普通の人ならばじっとしていても汗をかいてしまうもの。そんなときに汗を取ってくれるインナーが無いと体中がべたついて気持ち悪いことこの上ないものです。というわけで私はシャツの下にTシャツを着ることをオススメします。ちなみにインナーにはタンクトップがいいという意見もありますが、わきの下の汗を取ってくれないので私はオススメしません。

また、夏以外の季節だったらインナーに着るTシャツは一般的なコットン素材のものでいいと思うのですが、汗をかきやすい夏は吸汗速乾素材のTシャツを着ることをオススメします吸汗速乾素材とは綿以外にポリエステルなども混紡し、ドライな肌触りと速乾性を実現した素材で、暑い夏のインナーとしてはこの上ない素材です。

写真のTシャツは無印良品吸汗速乾クルーネックTシャツで、インナーとして快適なように作られたTシャツです。このTシャツはクルーネックでも襟ぐりがちょっと深くなっているので、シャツのボタンをあけたときに着ているのが見えにくいようになっているスグレモノ!暑い夏を快適に過ごすにはオススメなインナーです!

無印良品 吸汗速乾クルーネック半袖シャツ(MUJITOGO)


無印良品に関する詳細はこちら

夏のタイドアップスタイルにはニットタイがオススメ guji ニットタイ 

暑い夏と言えどもタイドアップをしなければならないシーンは多いもの。また、営業の仕事をしている人は夏でもネクタイ必着の場合が多いものですよね。そんな夏のタイドアップスタイルにはニットタイがオススメです。

ニットタイといっても色々なものがありますが、夏用のニットタイシルク素材のものがいいですね。コットン素材のニットタイなんかもありますが締めやすさの点で見るとシルク素材の方がオススメです。また、シルク素材のニットタイならほのかな光沢があり、ビジネススタイルで着用してもくだけた印象にならないのもいいところです。

ちなみに写真のニットタイは京都のメンズセレクトショップguji(グジ)のオリジナルのアイテムです。生産はイタリア製と品質に大いにこだわった逸品です。写真のサックスの他に黒やベージュなど全7色の展開があります。

ちなみにニットタイを合わせるスーツはシングルツーピースのものがオススメです。もちろんスーツ以外にも麻やコットンのジャケットにとも好相性!ニットタイは1本あるとコーディネイトの幅が広がりますよ。

guji ニットタイ

目利きのバイヤーが世界中から良いものをセレクト BEYES(バイズ) EDIT STORE 

BEYES(バイズ) EDIT STOREは目利きのバイヤーが世界中から良いものだけををセレクトしたセレクトショップです。

取り扱っているブランドはTurnbull & Asser(ターンブル&アッサー)Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)STEFANO-BI(ステファノ・ビ)、DUVETICA(デュベティカ)などの海外の一流ブランドから大峡製鞄帝国繊維大和屋シャツ店などの日本の伝統あるメーカーまで多岐に及んでいます。

また、BEYES(バイズ) 限定の別注アイテムも数多く揃っており、ここだけでしか手に入らないアイテムもいっぱいです。これほどの一流品が揃うネットショップはBEYES(バイズ) だけなのではないでしょうか。ファッション好きなら必見のショップです!



ショップ名 BEYES(バイズ) EDIT STORE
URL http://www.beyes.jp/
運営会社 株式会社ライトアップショッピングクラブ
送料 全国一律600円
取り扱いアイテム ジャケット、コート、スーツ、ニット、シャツ、パンツ、バッグ、アクセサリー等
主な取り扱いブランド A・Punto(ア・プント)、a.testoni(ア・テストーニ)、A STYLE(ア・スタイル)、RT per Ramdane Touhami(ラムダン・トゥアミ)、阿以波、ISLAND SLIPPER(アイランド スリッパ)、AURORA(アウロラ)、Accentual(アクセンチュアル)、acca(アッカ)、L'ATELIER DU VIN(アトリエドゥヴァン)、adpel(アドペル)、ANATOMICA(アナトミカ)、ANNIEL SPORTS(アニエル スポーツ)、ABACUS(アバカス)、AVIATOR(アビアートル)、ABISTE(アビステ)、AMERICAN RETRO(アメリカン レトロ)、ALEN PAINE(アラン・ペイン)、Ally Capellino(アリー・カペリーノ)、Arca Futura(アルカ・フトゥーラ)、ALTIA(アルテア)、altopratico(アルトプラティコ)、Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)、ALBA(アルバ)、ALBERT THURSTON(アルバート・サーストン)、Albisbrunn(アルビスブラン)、ALPINA(アルピナ)、ALPO(アルポ)、Armor lux(アルモーリュックス)、Alex Begg(アレックス ベグ)、ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト)、Anderson's(アンダーソンズ)、ANTONIO MAURIZI(アントニオ マウリッツィ)、ANDREA GRECO(アンドレア・グレコ)、Andrea D’AMICO(アンドレア・ダミコ)、Android(アンドロイド)、Amboise(アンボワーズ)、eq.w(イーキューダブル)、EASTPAK(イーストパック)、IAN FLAHERTY(イアン・フラハティー)、ISAIA(イザイア)、iittala(イッタラ)、INIS MEAIN(イニッシュマン)、il Tabbaro(イルタバロ)、IL BISONTE(イル・ビゾンテ)、Il Bussetto(イル・ブセット)、eleventyseven(イレブンティー)、INCOTEX(インコテックス)、Woolrich woolen mills(ウールリッチ・ウーレンミルズ)、William(ウィリアム)、Winger(ウィンガー)、WEBB'S(ウェッブス)、WELLA(ウェラ)、WENGER(ウェンガー)、WATERMAN(ウォーターマン)、Walls(ウォールズ)、Walnut(ウォルナット)、臼井織布、Unoaerre(ウノアエレ)、ULTURALE CRAVATTE(ウルトゥラーレ クラバッテ)、ullfrotte(ウルフロテー)、VABENE(ヴァベーネ)、VULCAIN(ヴァルカン)、VICTORIA GRANTHAM(ヴィクトリア・グランサム)、Wigens(ヴィゲーンズ)、Vincent_Calabrese(ヴィンセント・カラブレーゼ)、Vermont(バーモント)、A by Azuni(エーバイアズニ)、S. LAUNER(エス・ロウナー)、Esquire(エスクワイヤー)、ERRICO FORMICOLA(エッリコ・フォルミコラ)、Eddy Monetti(エディ・モネッティ)、Ethos Club(エトスクラブ)、ETRO(エトロ)、NFY(エヌエフワイ)、EVER(エバー)、FHB(エフエイチビー)、EBERHARD(エベラール)、EPOS(エポス)、EMANUELE MAFFEIS(エマニュエル・マフェイス)、m0851、MMMMM(エムゴ)、M's Braque(エムズブラック)、MTM(エムティーエム)、HEMDECO(エムデコ)、m/marani(エム・マラニ)、HERION(エリオン)、Elizabeth Parker(エリザベス・パーカー)、JACONO(エルネスト・ヤコノ)、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)、Elena Girardi(エレナ・ジラルディ)、Ancient Forest(エンシャント・フォレスト)、ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)、eva solo(エバソロ)、OWEN BARRY(オーエンバリー)、ORGANIC by John Patric(オーガニック バイ・ ジョン・パトリック)、Overland Equipment(オーバーランド・イクイップメント)、OLD STUD(オールド・スタッズ)、大峡製鞄、岡村製作所、OXEN(オキセン)、Ottino(オッティーノ)、OPIFIX(オピフィックス)、OBERON(オブロ)、Orian(オリアン)、oligo(オリゴ)、ORIS(オリス)、Olivetti(オリベッティ)、OREGON SCIENTIFIC(オレゴン・サイエンティフィック)、Kershaw(カーショウ)、Carvery(カーベリー)、CARL MERTENS(カール・メルテンス)、開化堂、Kakadu(カカドゥ)、CASIO(カシオ)、CANADIAN SWEATER COMPANY(カナディアン・セーターカンパニー)、KAPLA(カプラ)、Camargue(カマルグ)、Camille Fournet(カミーユ・フォルネ)、CARAN d'ACHE(カラン ダッシュ)、Campo Marzio(カンポ マルツィオ)、gardens of paradise(ガーデンズ・オブ・パラダイス)、GAIMO(ガイモ)、kiener(キーナー)、Kiki Senor(キキ・セニョール)、kitchenfloorbags(キッチンフロアバッグス)、cuboro(キュボロ)、京都表現塾/野田工藝、京の表現塾、dkyil khol(キル・コル)、Kinloch Anderson(キンロック・アンダーソン)、Gigamic(ギガミック)、Gysae(ギゼー)、GITMAN BROTHERS(ギットマン・ブラザーズ)、COOMB(クーム)、Quoddy(クオッディ)、CLARKS(クラークス)、Cravats of London(クラバッツ・オブ・ロンドン)、CRUCIANI(クルチアーニ)、CLEO(クレオ)、Claude Dozarme(クロード・ドゾルム)、CLO-CLO(クロクロ)、Crossby Hallen&Cobb(クロスビー ハーレン&コブ)、Chronoswiss(クロノスイス)、Glashutte Original(グラスヒュッテ・オリジナル)、Gram(グラム)、GRAN SASSO(グランサッソ)、Glanshirt(グランシャツ)、GLANCE(グランス)、GRIGIO PERLA(グリジオ・ペルラ)、Gruppo Italiano(グルッポ・イタリアーノ・ペレ)、GRACE FABLIAU(グレース・ファブリオ)、GREGORY(グレゴリー)、GREVI(グレヴィ)、GLOVERALL(グロヴァーオール)、K.T.LEWISTON(K.T.ルイストン)、K・WAVE(ケイ・ウエイブ)、casestudyshop(ケース・スタディ・ショップ)、桂樹舎、Kemit(ケミット)、Kellner/(ケルナースティック)、Kentex(ケンテックス)、Kempel(ケンペル)、GATE(ゲート)、GEKKO(月光)、GHERARDINI(ゲラルディーニ)、Corgi(コーギー)、COQUETERRA(コケテッラ)、COCCINELLE(コチネレ)、copha(コプハ)、Corleone(コルレオーネ)、Columbia(コロンビアスポーツウェア)、Golden Bear(ゴールデンベア)、sage de cret(サージュデクレ)、SAITO WOOD(サイトーウッド)、SACDUCO(サクデュコ)、Sackville&Jones(サックヴィル&ジョーンズ)、SUNNY SPORTS(サニー・スポーツ)、sabelt(サベルト)、La Sartoria della gonna(サルトリア デラ ゴンナ)、SARTORIA LATORRE(サルトリア・ラトレ)、SAROME(サロメ)、San Andre(サン・アンドレ)、SANCA(サンカ)、SUNSPEL(サンスペル)、santacroce(サンタクローチェ)、SANDERS(サンダース)、Sandy Bauer(サンディ・バウアー)、Santoni(サントーニ)、SAVIGNAC(サヴィニャック)、THE GENERIC MAN(ザ・ジェネリックマン)、THE GINZA(ザ・ギンザ)、Zanellato(ザネラット)、ZANONE(ザノーネ)、SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)、Sammler Products(ザムラー・プロダクツ)、C&C(シーアンドシー)、ck Calvin Klein Watch(ck カルバン・クライン ウォッチ)、SEALUP(シーラップ)、Seaward & Stearn(シーワード&スターン)、sierra designs(シェラデザインズ)、CHAPAL(シャパール)、CHAMBORD SELLIER(シャンボール セリエ)、Surefire(シュアーファイア)、steiff(シュタイフ)、Shturmanskie(シュトルマンスキー)、SCHWARZENBACHER(シュバルツェンバッハー)、CHOCOLATE JEANS BRASIL(ショコラッチジーンズブラジル)、Think!(シンク)、G・T・A(ジー・ティー・アー)、G.M.R.N(G.M.R.N)、Giena(ジーナ)、James Mortimer(ジェームス・モルティマー)、J&M DAVIDSON(J&M デヴィッドソン)、GEOX (ジェオックス)、Jadatoys(ジェダトイズ)、GENETIC MANIPULATION(ジェネティック・マニピュレーション)、GISELE BARBOSA(ジゼル バルボサ)、Gymphlex(ジムフレックス)、JACQUES ETOILE(ジャケ・エトアール)、JECKERSON(ジャッカーソン)、GIANNELLI(ジャネッリ)、JARAN SRIWIJAYA(ジャラン・スリウァヤ)、JEAN-LOUIS SCHERRER(ジャン・ルイ・シェレル)、gianni barbato(ジャンニバルバート)、GIAMPAOLO(ジャンパオロ)、Georg Jensen(ジョージ ジェンセン)、Joseph Malinge(ジョセフマリーン)、Jonathan Richard(ジョナサン・リチャード)、JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)、Johnstons(ジョンストンズ)、GIRELLI BRUNI(ジレッリ・ブルーニ)、SINN(ジン)、Swatch(スウォッチ)、SKAGEN(スカーゲン)、sculptures jeux(スクリュテュール・ジュ)、STERLINGWEAR OF BOSTON(スターリングウェアオブボストン)、STUDIO DONEGAL(スタジオ・ドネゴール)、STEVE FIRENZE(スティーブ・フィレンツェ)、Stephen Walters(スティーブン ウォルターズ)、SOUTIENCOL(スティアンコル)、Stipula(スティピュラ)、STEFANO-BI(ステファノ・ビ)、STEFANOBIGI(ステファノ・ビジ)、STEFANOMANO(ステファノ・マーノ)、STOKKE(ストッケ)、SUTORIS(ストリス)、SNUGPAK(スナグパック)、SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)、Three Dots(スリードッツ)、SVENSSON JEANS(スヴェンソン ジーンズ)、SEIKO IGNITION(セイコーイグニッション)、Senoritas(セニョリータス)、SERAFIN(セラファン)、Celia Marco(セリア マルコ)、SERGIO TACCHINI(セルジオ・タッキーニ)、SELLTS(セルツデザイン)、St.Grace(セントグレース)、ZEGNA SPORT(ゼニア スポーツ)、Zerosettanta Studio(ゼロセッタンタ・スタジオ)、SOURCETAP(ソース・タップ)、Sozzi(ソッツィ)、Sony(ソニー)、SOLSUNO(ソルスーノ)、SONOR(ゾノア)、Turnbull & Asser(ターンブル&アッサー)、TIMEX(タイメックス)、太陽油脂、TATA MARCHINI(タタ・マルキーニ)、TATEOSSIAN(タテオシアン)、TABLOID NEWS(タブロイドニュース)、Talarico(タラリコ)、TARDINI(タルディーニ)、Tintamar(タンタマール)、Tamaulipas(タンピコ)、De Te Fabula(ダー・タ・ファブラ)、Dubey&Schldenbrand(ダービー&シャルデンブラン)、Diamond Geezer(ダイアモンド・ギーザー)、DAKOTA(ダコタ)、\DAKOTA BOOTS(ダコタブーツ)、DANNER(ダナー)、Daniel Cremieux(ダニエル・クレミュ)、Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)、DANESE(ダネーゼ)、Duff(ダフ)、DAFNA(ダフナ ブーツ)、XX SECOLO(XXセコロ)、Damascus(ダマスカス)、Dhammarangsi(ダマランジ)、DALVEY(ダルビー)、Dan Schlesinger(ダン・シュレシンジャー)、DANSK(ダンスク)、CHEANY(チーニー)、Cellerini(チェレリーニ)、Tivoli Audio(チボリオーディオ)、Church's(チャーチ)、Champion(チャンピオン)、TUTIMA(チュチマ)、CINQUANTA(チンクワンタ)、ZWIESEL(ツヴィーゼル)、T.M.B(ティー・エム・ビー)、TX(ティーエックス)、TEAC(ティアック)、TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)、TISSOT(ティソ)、tinocosma(ティノ・コズマ)、帝国繊維、De Renaudin(デ・ルノダン)、DDP(ディーディーピー)、DIVA(ディーヴァ)、Der SAMMLER solo(ディアー ザムラー・ソロ)、DIEMME(ディエッメ)、discgear(ディスクギア)、DISPANT(ディスパント)、Daines & Hathaway(デインズ&ハザウェイ)、DECAUVILLE(デコゥヴィル)、DESMO(デズモ)、demo(デモ)、DUCATO DI MILANO(デュカート・デ・ミラノ)、Dusyma(デュシマ)、dubarry(デュバリー)、DUVETICA(デュベティカ)、delta(デルタ)、DENTS(デンツ)、David Collier(デヴィッド・コリアー)、TOYS McCOY PRODUCT(トイズマッコイプロダクト)、tous les jours(トゥーレ・ジュール)、TWEMCO(トゥエンコ)、TOKITO(トキト)、Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)、TRAMONTANO(トラモンターノ)、Tricker's(トリッカーズ)、Trippen(トリッペン)、TRIMRAGH(トリムラ)、Tretorn(トレトン)、DOUCAL'S(ドゥーカルス)、土楽、Drumohr(ドルモア)、DRAKE'S(ドレイクス)、NIGEL CABOURN(ナイジェル・ケーボン)、Naviglio Grande Milano(ナビリオ・グランデ・ミラノ)、NIKS(ニクス)、NEW GATE(ニューゲート)、newbalance(ニューバランス)、New York Industrie(ニューヨーク・インダストリー)、NOOKA(ヌーカ)、nuur(ヌール)、naef(ネフ)、KNOX(ノックス)、NOTIFY(ノティファイ)、NOMOS(ノモス)、norikoike(ノリコイケ)、HYDROGEN(ハイドロゲン)、Hanii Y(ハニイ ワイ)、HABA(ハバ)、HAFLINGER(ハフリンガー)、HAMILTON(ハミルトン)、HANG TEN GOLD LABEL(ハンテン ゴールドレーベル)、HANG TEN VINTAGE(ハンテン ヴィンテージ)、Hanhart(ハンハルト)、Barbour(バーブァー)、BEYES(バイズ)、BARACUTA(バラクータ)、Ballantine's(バランタイン)、BARIGO(バリゴ)、Valster(バルスター)、BALMUDA design(バルミューダデザイン)、BARENA(バレナ)、Bandini(バンディーニ)、PARKER(パーカー)、personality(パーソナリティ)、PURPLE SEPTEMBER(パープルセプテンバー)、PERMANENT VACATION(パーマネント・ヴァケーション)、Paolo Albizatti(パオロ アルビザッティ)、Pacific Outdoor(パシフィックアウトドア)、PUFFA(パッファ)、PATRICK(パトリック)、PALLADIUM(パラディウム)、Paraboot(パラブーツ)、PULSAR(パルサー)、PANTHERELLA(パンセレーラ)、PANTOFOLA D' ORO(パントフォラ・ドーロ)、HISTORIC RESEARCH(ヒストリックリサーチ)、hickey(ヒッキー)、Hilditch & Key(ヒルディッチ&キー)、HIROAN(ヒロアン)、Bianchi(ビアンキ)、VICTORIARICHARDS(ビクトリアリチャーズ)、VICTORINOX(ビクトリノックス)、Vision(ビジョン)、VISCONTI(ビスコンティ)、Big L(ビッグ・エル)、byblos blu(ビブロス ブルー)、Bill Amberg(ビル・アンバーグ)、Birkis(ビルキー)、BILTMORE(ビルトモア)、PF by PAOLA FRANI (ピーエッフェ by パオラ フラーニ)、P ZERO(Pゼロ)、Peter Scott(ピーター・スコット)、PB BAUMANN(PB ボーマン)、PEERLESS(ピールレス)、Piacenza(ピアチェンツァ)、PEERLESS(ピアレス)、PIERRE-HENRI MATTOUT(ピエール アンリ マトゥ)、Piet Stockmans(ピエト・ストックマン)、Pignose(ピグノーズ)、Pyjama clothing(ピジャマクロージング)、PEUTEREY(ピューテリー)、Faber-Castell(ファーバーカステル)、FARM TACTICAS(ファーム・タクティクス)、Farnerari(ファルネラリ)、FALLERI(ファレーリ)、FALORNI(ファロルニ イタリア)、Fidelity(フィデリティ)、Finamore(フィナモレ)、Filatures du Lion(フィラチュール ド リオン)、Filippo Chiesa(フィリッポ・キエーザ)、FilMelange(フィルメランジェ)、FAIRFAX COLLECTIVE(フェアファクス・コレクティブ)、FESTINA(フェスティナ)、Ferrante(フェランテ)、Fel a cheval(フェル・ア・シュバル)、40 WEFT(フォーティウエフト)、Forthergill(フォザギル)、FOLLI FOLLIE(フォリフォリ)、Forme(フォルメ)、FRAIZZOLI(フライツォーリ)、Fratelli VANNI(フラテッリ・ヴァンニ)、FRANK DANIEL(フランク・ダニエル)、Franklin&Marshall(フランクリン&マーシャル)、FRANCO ZICHE(フランコ・ジッケ)、FRANCO BASSI(フランコ・バッシ)、FURLA(フルラ)、FRED PERRY(フレッドペリー)、FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)、Flemings(フレミングス)、FROST RIVER(フロスト・リバー)、Frontenac(フロンテナック)、FRONT PORCH CLASSICS(フロントポーチクラシックス)、武相荘、branie(ブラーニ)、Blauer(ブラウアー)、BLACK SHEEP(ブラックシープ)、Bradford(ブラッドフォード)、BLANEY TACTICAL GEAR(ブラニー・タクティカル・ギア)、Blunt(ブラント)、Blanc Vert(ブランヴェール)、BRIEFING(ブリーフィング)、BLISS(ブリス)、Breuer(ブリューワー)、BLUGiRL(ブルーガール)、BROOKLYN MUSEUM(ブルックリン ミュージアム)、bretelles(ブルテル)、Brera(ブレラ)、BLOW-UP(ブローアップ)、PREVENTI(プレヴェンティ)、PRO-TUFF(プロタフ)、Propper(プロッパー)、HECKEL(ヘッケル)、Hemmings(ヘミングス)、Vestax(ベスタクス)、Best American Duffel(ベストアメリカンダッフル)、Betula(ベチュラ)、Belidesign(ベリ・デザイン)、Bell&Ross(ベル&ロス)、WERKSTATT(ベルクシュタット)、Belstaff(ベルスタッフ)、BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)、Bel Fiore(ベルフィオーレ)、Belvest(ベルヴェスト)、Beretta(ベレッタ)、Bellet(ベレット)、BENSON SHOES(ベンソンシューズ)、Pelican(ペリカン)、PERIPHERIQUE(ペリフェリック)、Persol(ペルソール)、Khaki Pennsylvania(ペンシルバニア・カーキ)、HOLDFAST(ホールドファスト)、Hollington(ホリントン)、Whiting&Davis(ホワイティング&デイビス)、Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)、BONORA(ボノーラ)、BOGLIOLI(ボリオリ)、Borsalino(ボルサリーノ)、bolle(ボレー)、Paul Picot(ポール ピコ)、MAILLE DE TROYES(マイデトワ)、Magia(マージィア)、MARLEN(マーレン)、MICHAEL LINNELL(マイケル・リンネル)、MAURO GOVERNA(マウロ ゴヴェルナ)、MAGNA MATER(マグナ マーテル)、MASTER&Co.(マスター&コー)、MASTERPIECE(マスターピース)、Mattabirh(マタビシュ)、MACKINTOSH(マッキントッシュ)、Max monelli(マックス モネリ)、MADOVA(マドヴァ)、Magnu(マヌー)、MABITEX(マビテックス)、Marantz(マランツ)、Mario Bianchi(マリオ ビアンキ)、MARIO PORTOLANO(マリオ・ポルトラーノ)、marimekko(マリメッコ)、Marzullo(マルズッロ)、MARONE(マローネ)、MEADE(ミード)、mistral(ミストラル)、MINOX LX(ミノックス)、みのり苑、MILAN(ミラン)、三和織物、Munich(ムニック)、Make Up(メイクアップ)、MESPI(メスピ)、MEDIC by Tutima(メディック by チュチマ)、MEPRA(メプラ)、melissa(メリッサ)、Melileo(メリレオ)、Merlet(メルレ)、MERRELL(メレル)、MORRIS(モーリス)、Moritz Rogosky(モーリッツ・ロゴスキー)、MONO FLOWER(モノフラワー)、MOMO DESIGN(モモデザイン)、MONCLER(モンクレール)、Montana(モンタナ)、Montedoro(モンテドーロ)、MONTEVERDE(モンテベルデ)、MONDAINE(モンディーン)、YARNZ(ヤーンツ)、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)、yasue carter(ヤスエ カーター)、柳 宗理、和 所谷(ヤマトトコロタニ)、大和屋シャツ店、ヤマノクリエイツ、YAMAHA(ヤマハ)、yuketen(ユケテン)、YURI PARK(ユリパーク)、Josef Seibel(ヨセフ・サイベル)、ABOTTEGARDIANE(ラ ボッテ ガルディエーヌ)、LA VACCHETTA GRASSA(ラ・バケッタ・グラッサン)、laLOOP(ラ・ループ)、Leica(ライカ)、LAGUIOLE(ライヨール)、LYLE&SCOTT archive(ライル&スコット アーカイブ)、Rag Time(ラグタイム)、Laco(ラコ)、Raffaele Caruso(ラファエル・カルーゾ)、rafeNEWYORK(ラフェ ニューヨーク)、Ravensburger(ラベンスバーガー)、Lamy(ラミー)、Ramdane Touhami(ラムダン・トゥアミ)、Wrangler(ラングラー)、LANDY(ランディ)、LAVENHAM(ラヴェンハム)、Lee(リー)、RIEDEL(リーデル)、Lee By SAMMLER(リー バイ ザムラー)、Reo Starr(リオスター)、RICHARD JAMES(リチャード・ジェイムス)、Richlu(リチュル)、RITZENHOFF(リッツェンホフ)、RITTENHOUSE(リッテンハウス)、Ritmo Latino(リトモ・ラティーノ)、Re-Hash(リハッシュ)、Replogle(リプルーグル)、RING JACKET(リングヂャケット)、Luc & Sallie Durette(ルーク&サリー・デュレット)、ROOTOTE(ルートート)、Louis Erard(ルイ・エラール)、LouisFAGLIN(ルイ・ファグラン)、LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ)、Lucchese(ルケーシー)、Ludea(ルデア)、LUMINOX(ルミノックス)、Le mani di eva(レ・マーニ ディ エヴァ)、reyn spooner(レインスプーナー)、Leatherman(レザーマン)、Regina Regis(レジーナ・レジス)、LES TOILES SOLEIL(レ・トワール・デュ・ソレイユ)、repetto(レペット)、ro、Rollei(ローライ)、Loyd Maish(ロイド・メッシュ)、ROYAL ELASTICS(ロイヤル エラスティックス)、ROCKY MOUNTAIN FEATHERBED(ロッキーマウンテン・フェザーベッド)、Rocokmount Ranch Wear(ロックマウント・ランチウェア)、Rosso Fiorentino(ロッソ・フィオレンティーノ)、LOTTO SPORTS(ロットスポーツ)、RODY(ロディ)、RODO(ロド)、Robert Godley(ロバート・ゴドリー)、ROBERT LIGHTON(ロバート・ライトン)、ROBIN'S JEAN(ロビンス・ジーン)、LONGCHAMP(ロンシャン)、LONDON BAGDE & BUTTON(ロンドンバッヂ&ボタン)、Y.Akamine(Y.アカミネ)、ONETACK(ワンタック)

イニシャルモチーフのカフリンクスで自分をアピール 

最近のシャツはシングルカフのものでもカフリンクスが出来るように、ボタンホールが空いているものが多くあります。そのためか、以前よりもカフリンクスをしているビジネスマンが増えたように思います。

かつてイギリス貴族は自身の家の紋章をあしらったカフリンクスを付け、アイデンティティをあらわしたりしたそうです。まあ、日本においては家紋のカフリンクスすると言うわけにもいかないでしょうが、カフリンクスのようなアクセサリーは自身と何かしらの縁のあるモチーフをつけると、ちょっとしたネタにもなるので面白いのではないかと思います

下の写真のカフリンクスはイニシャルモチーフのもので、シャツの袖口からさりげなく自分をアピールできるスグレモノです。また、単なるイニシャルモチーフなだけでなく、スターリングシルバーに黒ダイヤとも言われるマーカサイトをあしらったラグジュアリーな逸品です。これなら大人がつけてもいい感じですね。

どうせカフリンクスをするのだったら、ありふれたものよりも、こんな自分ならではのものがいいですよね!そうそう、写真のカフリンクスはKなのですが、これは私のイニシャルなのです。まあ、同でもいい話ですかね~

イニシャル カフリンクス

靴下なら何でも揃う靴下専門店 靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ) 

靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)は靴下なら何でも揃う靴下専門のショップです。さすが靴下専門店だけあって、カジュアル、ドレス様々な靴下を購入することができます。

こちらのショップの注目アイテムはなんと言ってもウールのメンズハイソックスです。日本ではなかなか馴染みの無いメンズのハイソックスですが、本来スーツスタイルには欠かせないものです。スーツに短い靴下をあわせている人は、すぐにこちらに買い換えることをオススメしますよ。



ショップ名 靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)
URL http://tabio.com/jp/
運営会社 タビオ株式会社
送料 420円
5250円以上の購入で無料
取り扱いアイテム 靴下
注目アイテム メンズ無地ウールハイソックス、メンズ千鳥格子柄ハイソックスなど

通販でしか買うことができない高品質アイテムが勢ぞろい ランズエンド 

ランズエンドはアメリカで40年以上の実績を誇るアパレル通販会社のサイトです。さすが通販専門だけあって、返品はいつでもOKだったり、商品は最短で翌日に届くなどサービスの高さはさすがなものです。

販売しているアイテムはベーシックなものが中心で、低価格でありながらもクオリティが確かなものばかりです。また、バーチャルモデルという、性別や体型、身長体重などに加え、髪の色、目や唇の形などの質問に答えると、自分にそっくりの立体モデルが現れ、自分に成り代わって服を試着してくれるというとてもユニークなシステムも導入しています。こちらはなかなか面白い機能なので、一見の価値アリですよ!



ショップ名 ランズエンド
URL http://www1.landsend.co.jp/
運営会社 日本ランズエンド株式会社
送料 577円
取り扱いアイテム ジャケット、スーツ、ニット、ネクタイ、シャツ、ジャケット、コート、パンツ、バッグ等
注目アイテム 定番の脚長シルエットのノーアイロンではけるチノ・パンツ、シーアイランド・コットンを使用したハイグレードシャツ、ノーアイロンで着れるロイヤルオックスフォードシャツなど

似合えば格好いいナロータイ 

ここ数年はナロータイが流行っているようで、街を歩いている多くのビジネスマンがこのナロータイを締めているのを見かけます。特に若い世代には大人気のようで、今年入社してきた新卒の多くはこのナロータイを締めています。

こんな人気のナロータイですが、コーディネイトをする上で、若干の注意が必要です。まずネクタイが細いのだから、スーツもジャケットのラペル(衿のこと)が細いものを選んだ方がよりマッチします。また、ジャケットのラペルだけでなく、パンツも細身のものを選んだ方がよりシャープです。まあ、これはなんとなくわかる気がしますよね!

しかし、ナロータイを上手くコーディネイトする上で最も重要な要素は体系も細身であると言うことです。ん~スーツはお金で買えますが、こればっかりは努力が必要ですね!やはりナロータイは体もナローな人に似合うものです。

と言うわけで、締める上で体系にも気を使わなければならないナロータイですが、似合えば格好いいものです。そのためにはちょっとした体系維持の努力を惜しんではいけませんね。

ナロータイ

丸井で購入できるほとんどのブランドが揃うショップ マルイウェブチャネル 

マルイウェブチャネルは丸井が運営するショッピングサイトです。さすが丸井が運営するだけあって、丸井で取り扱っているブランドのほとんどが揃っており、その数も相当なものです。 また、取り扱いブランドは随時増えていっているようなので、今後もますます楽しみなサイトです。

マルイカードを使用すると送料が安くなったりと、カード会員の特典も満載なので、カードをお持ちの方は是非覗いてみることをオススメします。

マルイウェブチャネル
ショップ名 マルイウェブチャネル
URL http://voi.0101.co.jp/voi/index.jsp
運営会社 株式会社マルイヴォイ
送料 250円~600円
10000円以上の購入で無料
取り扱いアイテム ネクタイ、シャツ、ジャケット、コート、パンツ、バッグ、ベルト、財布、アクセサリー等
主な取り扱いブランド EARNESTSEWN(アーネストソーン)、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)、OUTDOOR(アウトドア)、axcent of scandinavia(アクセントオブスカンジナビア)、asics Shoes(アシックス)、AGILITY(アジリティー)、AGILITYAffa(アジリティー アッファ)、AGILITYPro(アジリティー プロ)、adidas ATTUNE(アテュ-ン)、ABAHOUSE(アバハウス)、ABBY VILL PRESS(アビービルプレス)、aba'ca(アベイカ)、arena(アリーナ)、UNPRIX(アンプリックス)、AVIREX(アヴィレックス)、A.S.M(エイ・エス・エム)、INED HOMME(イネドオム)、INDEPENDENT(インディペンデント)、inhabitant(インハビタント)、william walles(ウィリアム・ウォレス)、WINS HOUSE(ウインズ ハウス)、WATERMAN(ウォーターマン)、UZU(ウズ)、u:bud a:nelo(ウブド アネーロ)、VALMINT(ヴァルミント)、VAROSH(ヴァロッシュ)、VANQUISH the Corner(ヴァンキッシュ ザ コーナー)、vogue(ヴォーグ)、VAGARY(バガリー)、VISARUNO(ビサルノ)、A.S.M(エイ・エス・エム)、MK homme(MKオム)、abx(エー ビー エックス)、EDWIN(エドウィン)、NFB(エヌ エフ ビー)、N.S.FACTORY(エヌエスファクトリー)、override(オーバーライド)、O'NEILL(オニール)、Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)、HOM(オム)、ORIENT(オリエント)、ORISオ(リス)、ALTERNA(オルタナ)、Orobianco(オロビアンコ)、Ombre(オンブル )、On board(オンボード)、kaamosray(カーモスレイ)、CASIO(カシオ)、CASTANO(カスターノ)、CUSTOM CULTURE(カスタムカルチャー)、Casva(カスヴァ)、Kappa(カッパ)、karrimor(カリマー)、Calvin Klein jeans(カルバン・クライン ジーンズ ウォッチ)、KANGOL(カンゴール)、CANTERBURY OF NEW ZEALAND(カンタベリーオブニュージーランド)、CABANE de ZUCCa(カバン ド ズッカ)、KATHARINE HAMNETT LONDON(キャサリン ハムネット ロンドン)、CHIL DERIC(キルデリク)、QUIKSILVER(クイックシルバー)、quadro(クオドロ)、CLOUD NINE(クラウド・ナイン)、KRIFF MAYER(クリフメイヤー)、cluise(クルーズ)、CROSS(クロス)、chronotech(クロノテック)、Goorin Bros.(グーリン ブラザーズ)、Glasses House(グラスハウス)、GRAVIS(グラビス)、Grace(グレース)、GREGORY(グレゴリー )、GROSBEC(グローベック)、THE GRAND SELECT(ザ グランド セレクト)、KENZO(ケンゾー)、COMME CA MEN(コムサ・メン)、Columbia(コロンビア)、Converse(コンバース)、KOMPLEX (Storeコンプレックス ストア)、goa(ゴア)、Conbrio(コンブリオ)、3RDWAREサードウェア)、sanuk(サヌーク)、SAROME(サロメ)、THE GRAND SELECT(ザ グランド セレクト)、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)、SHAPERS for MEN(シェイパーズフォーメン)、Citizens of Humanity(シチズンズ オブ ヒューマニティー)、SHAMBALLA(シャンバ)、SCHLUSSEL(シュリセル)、Schott(ショット)、J & Company(ジェイ アンド カンパニー)、GENERAL CONFUSION(ジェネラルコンフュージョン)、ZIPPO(ジッポー)、JUNMEN(ジュンメン)、Sinn(ジン)、Switch(スウィッチ)、SCHIATTI(スキャッティ)、swatch(スウォッチ)、scoopman(スクープマン)、SKECHERS(スケッチャーズ)、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)、Stra Raggio(ストラ・ラッジォ)、SPINALCORD(スパイナルコード)、SPIN(スピン)、SPALDING by roen(スポルディング バイ ロエン)、SAINTS(セイン)、Seven for all mankind(セブンフォーオールマンカインド)、ZERBINOTTO(セルビノット)、Serfontaine(セルフォンテーヌ)、Scented(センテッド)、ZOCALO(ソカロ)、SOT by quadro(ソット)、TAGHeuer(タグホイヤー)、TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)、TOUGH(タフ)、tabloid news(タブロイドニュース)、DANNER(ダナー)、DOUBLE STANDARD(ダブルスタンダード)、Duncan Wong(ダンカン ウォン)、Chip&Pepper(チップ&ペッパー)、Champion by DRESS CAMP(チャンピオンbyドレスキャンプ)、2(x)ist(ツーイグジスト)、TISSOT(ティソ)、TETE HOMME(テットオム)、DSQUARED2(ディースクエアード)、DIO ROSSO(ディオロッソ)、DEMA(デマ)、Dupont(デュポン)、TOOT(トゥート)、TWENTY WORKS(トゥエンティー ワークス)、TORNADO MART(トルネードマート)、DRIVE JEANS(ドライブジーンズ)、Drops(ドロップス)、nike(ナイキ)、nano universe(ナノ・ユニバース)、Nalu:ca(ナルーカ)、291295=HOMME(291295=オム)、nixon(ニクソン)、NICOLE CLUB FOR MEN(ニコルクラブフォーメン)、nudie jeans co(ヌーディージーンズ)、Nextidevolution(ネクスタイド・エボリューション)、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)、NO CONCEPT BUT GOOD SENSE(ノーコンセプトバットグッドセンス)、HIGH STREET(ハイストリート)、HOUSE of the GODS(ハウスオブザゴッズ)、HUDSON(ハドソン)、HAMNETT(ハムネット)、HARE(ハレ)、VAGARY(バガリー)、Buffalo Bobs(バッファローボブズ)、BAHUT(バユ)、BARREAUX(バルー)、PARKER(パーカー)、PATRICK(パトリック)、hiromichi BY HIROMICHI NAKANO(ヒロミチbyヒロミチナカノ)、bizarre(ビザール)、BILLA BONG.(ビラボン)、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)、MEN'S BIGI(メンズ ビギ)、whoop'EE'(フーピー)、whoop-de-doo(フープ ディ ドゥ)、Four Heart Jewelry(フォーハートジュエリー)、FOSSIL(フォッシル)、FRED PERRY(フレッドペリー)、PUMA(プーマ)、progre(プログレ)、HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)、Heritage stone(ヘリテイジストーン)、berghaus(ベルグハウス)、Ben Sherman(ベンシャーマン)、PAPERDENIM&CLOTH(ペーパーデニム&クロス)、BOYCOTT(ボイコット)、BORSALINO(ボルサリーノ)、PORTER(ポーター)、Pawns In The Game(ポーンズ イン ザ ゲーム )、POLICE(ポリス)、marc ecko(マークエコー)、Murder License(マーダーライセンス)、master-piece(マスターピース)、MICHEL KLEIN HOMME(ミッシェルクランオム)、MONSIEUR NICOLE(ムッシュニコル)、MEK DENIM(メックデニム)、MERRELL(メレル)、MEN'S TENORAS(メンズティノラス)、MEN'S MELROSE(メンズメルローズ)、Modern Amusement(モダンアミューズメント)、MOMY COLLECTION(モミーコレクション)、MORGAN HOMME(モルガンオム)、MORELLATO(モレッラート)、Moi-meme-Moitie(モワ・メーム・モワティエ)、YANUK(ヤヌーク)、UNION STATION(ユニオンステーション)、YOYO Brand(YOYOブランド)、LION HEART(ライオンハート)、RUSTY(ラスティ)、LATERRA(ラテラ)、RATTLE TRAP(ラトルトラップ)、LOVE HUNTER(ラブ ハンター)、LABORATORIA(ラボラトリア)、RALPH(ラルフ)、LANCASTER(ランカスター)、Levi's(リーバイス)、Real Knowledge(リアルノーレッジ)、RIP CURL(リップカール)、REPLAY(リプレイ)、RELLOY(リロイ)、LINKU(リンク)、lecoq sportif(ルコック)、RUSCONI(ルスコーニ)、RUPERT(ルパート)、LUMINOX(ルミノックス)、Ray-Ban(レイバン)、REGALIA(レガリア)、RECONTAR(レコンタール)、less than human(レスザンヒューマン)、RED WING(レッドウィング)、RED COVER(レッドカバー)、LORD CAMELOT(ロードキャメロット)、LONGINES(ロンジン)、London Denim(ロンドンデニム)

黒の革靴と茶の革靴どっちがいい? 

昔ある靴屋から黒と茶の革靴の売上比率を聞いたことがあるのですが、8対2の割合で黒の革靴が売れるそうです。渋谷や青山などの比較的お洒落な人が多い街だと、若干茶の靴が売れる割合が上がるそうですが、それでも茶の靴の売上比率が黒の靴を超えることは無いそうです。

ちなみにこちらの話は日本での売上についてで、外国では事情が大きく異なってくるそうです。イギリスでは日本と同様に黒と茶が8対2程度で売れていくそうで、黒の革靴が圧倒的に優勢なのですが、逆にイタリアでは黒が3の茶が7程度と圧倒的に茶が優勢とのことです。

ここ数年は以前に比べると茶の革靴を履くビジネスマンが増えたのですが、それでもまだまだ日本では黒の革靴の方が優勢なのです。確かに黒い革靴は合わせるスーツを選ばないので、茶の革靴よりも合わせる幅が広くていいかもしれません。しかし、中には茶の革靴の方がよりマッチするスーツもあるので、そういったスーツのときには茶の革靴を選ぶとよりお洒落に見えると思います

それでは茶の革靴が合うスーツとはどんなスーツでしょうか?それは茶の革靴が圧倒的に売れている国であるイタリア製のスーツです。前述の通り、イタリアでは黒の革靴よりも茶の革靴の方が圧倒的に売れているそうです。そのため、スーツも茶色い革靴に合うような色合いのものが多いのですブリオーニやキートン(共にイタリアの高級スーツメーカー)のスーツを見ていると確かにそんな感じがします。そして茶色い革靴はイタリア製にいいものが多いです

逆に黒い革靴が優勢なイギリス、日本製のスーツは黒い革靴に合うようなものが多いです。ギーブスアンドホークスやハンツマン(共にイギリスの高級テーラー)、また日本のスーツショップのスーツを見ていると納得できます。また、黒い革靴はイギリス製にいいものが多いです

上記の例はあくまで多い、少ないの話しであって、全てがそうとは限りません。イタリア製のスーツでも黒い革靴の方が合うものがありますし、イギリス、日本製のスーツでも茶の革靴が合うものはあります。ただ数としてそういったものが多いということになります。ただ、黒、茶いずれの革靴を選ぶ上では参考になるのではないでしょうか?

GRENSON(グレンソン) SWANSEA(スワンシー) フィオレ サセッティ
グレンソン
イギリス製
フィオレ サセッティ
イタリア製

低価格で高品質なスーツが揃うショップ パーフェクトスーツファクトリー 

パーフェクトスーツファクトリーは低価格で高品質なスーツが豊富に揃うショップです。また、サイズ展開もかなり細かく設定されているので、通常のショップではなかなか合うスーツが見つからなかった人もココでならきっとピッタリのスーツを見つけることができます。

スーツ意外にもシャツ、ネクタイ、シューズの品揃えも豊富で、このショップでビジネスファッションの全てを揃えることができてしまいます。また、ネット限定のアウトレットでは通常でも低価格の商品がさらに激安価格で購入できます!お金をあまりかけずにスーツをそろえたいという人はこちらを見てみるといいですよ。

パーフェクトスーツファクトリー
ショップ名 パーフェクトスーツファクトリー
URL http://www.perfect-s.com/
運営会社 はるやま商事株式会社東京支社
送料 全国一律525円
19950円以上の購入で無料
取り扱いアイテム スーツ、ジャケット、コート、シューズ、シャツ、ネクタイ、カフリンクス、タイバーなど
オススメアイテム クラシコモデルのダブルスーツ、コレクションモデルのナローラペルスーツなど

世界中のバイヤーから商品を買うことができるサイト BuyMa(バイマ) 

BuyMa(バイマ)は世界各地にいるバイヤーから直接アイテムを購入することができるユニークなサイトです。バイヤーは全て日本人なので、言葉の心配は不要!また、欲しい商品をリクエストすることができるので、日本ではなかなか手に入らないようなアイテムもバイヤーが見つけ出してくれます!

今話題のH&M(エイチアンドエム)MONCLER(モンクレール)などの日本では見かけることの少ないレアなアイテムが沢山販売されています。出品されている商品はドンドン新しいものが出てくるので、こまめにチェックすることをオススメします。

BuyMa(バイマ)
ショップ名 BuyMa(バイマ)
URL http://www.buyma.com/
運営会社 株式会社エニグモ
送料 バイヤーによる
取り扱いアイテム ジャケット、コート、シューズ、ニット、シャツなど
主な出品ブランド UGGAustralia(アグオーストラリア)、H&M(エイチアンドエム)、Forever21(フォーエバー21)、Minnetonka(ミネトンカ)、TOPSHOP(トップショップ)、Cher(シェル)、EMURIDGEAustralia(エミュー)、Abercrombie&Fitch(アバクロ)、CathKidston(キャスキッドソン)、MarcbyMarcJacobs(マークバイマークジェイコブス)、Lush(ラッシュ)、ParisMedailleMiraculeuse(奇跡のメダイ)、Revitalash(リバイタラッシュ)、lululemon(ルルレモン)、Melissa(メリッサ)、Victoria'ssecret(ヴィクトリアシークレット)、ToryBurch(トリーバーチ)、DIANEvonFURSTENBERG(ダイアンフォンファステンバーグ)、MONCLER(モンクレール)、Barefootdreams(ベアフットドリームス)

機能性が高いアウトドアウェアならココ AIGLE(エーグル) オンラインショップ 

AIGLE(エーグル) オンラインショップはラバーブーツで有名なAIGLE(エーグル)の公式ショッピングサイトです。さすが公式サイトだけあって、定番のブーツはサイズも豊富に揃っています。

AIGLE(エーグル)で特にオススメしたいのがベニルマリン・カントリーラバーブーツ。こちらは本来アウトドア用なのですが、最近の豪雨に立ち向かうにはピッタリなブーツです。豪雨の日にはこれを履いて出かければバッチリですよ!

ショップ名 AIGLE(エーグル) オンラインショップ
URL http://www.aigle.co.jp/shopping/index.html
運営会社 ヤマトインターナショナル株式会社
送料 全国一律525円
取り扱いアイテム ジャケット、コート、シューズ、ニット、シャツなど
オススメアイテム ベニルマリン・カントリーラバーブーツ、クラッシックマウンテンパーカ、サーモライトチェックシャツなど

どこかかわいらしいアイテムが勢ぞろい hiromichi BY HIROMICHI NAKANO オンラインショップ 

hiromichi BY HIROMICHI NAKANO オンラインショップhiromichi BY HIROMICHI NAKANOの公式ショッピングサイトです。hiromichi BY HIROMICHI NAKANOといえばどこか可愛らしいアイテムが多く、キメ過ぎず着こなすことができる服が揃っています。

また、公式サイトだけあってギャラリーなどで着こなしの提案や世界観の紹介を積極的に行っており、ファンにはたまらないサイトになっています。

ショップ名 hiromichi BY HIROMICHI NAKANO オンラインショップ
URL http://www.hiromichinakano.net/shopping/index.html
運営会社 ヤマトインターナショナル株式会社
送料 全国一律525円
取り扱いアイテム ジャケット、コート、シューズ、ニット、シャツなど
オススメアイテム タイトなシルエットのジャケット、細身のチェッククレリックシャツなど

アクアスキュータムなどの別注アイテムが手に入るショップ クリエイティブファッション オンライン「BBF」 

クリエイティブファッション オンライン「BBF」duffer of saint george(ダファー・オブ・セントジョージ)GLENROYAL(グレンロイヤル)ESTNATION(エストネーション)などの国内外のハイエンドなブランドが揃うショップです。

特にこちらのショップでは「oki-ni」というロンドンのデザイングループとコラボレーションをした様々なブランドのアイテムが揃っているのが嬉しいところ。アクアスキュータムなどのクラシックなブランドが作る意外なアイテムが見逃せません。



ショップ名 クリエイティブファッション オンライン「BBF」
URL http://www.bb-f.jp/pc/
運営会社 株式会社ビービーエフ
送料 735円~1260円
取り扱いアイテム ジャケット、コート、シューズ、ニット、シャツなど
主な取り扱いブランド adidas x oki-nii(アディダス×オキニ)、aquascutum x oki-ni(アクアスキュータム×オキニ)、amadana(アマダナ)、BROOKLYN(ブルックリン)、CALI SURF(カリサーフ)、c,neeon(ツェー・ネオン)、CORPUS / Hive(コーパス / ハイブ)、COTTON OXFORD(コットン×オックスフォード)、Cushe(クッシー)、DENIME(ドゥニーム)、duffer of saint george x oki-ni(ダファー・オブ・セントジョージ×オキニ)、ESTNATION(エストネーション)、evisu x oki-ni(エヴィス×オキニ)、generic youth(ジェネリック・ユース)、GLENROYAL(グレンロイヤル)、IN THE HOUSE(イン・ザ・ハウス)、K.T.LEWISTION / THE LAKOTA HOUSE(K.T.ルイストン / ザ・ラコタハウス)、LAVENHAM(ラベンハム)、LGF(エルジーエフ)、LOYAL ARMY (ロイヤルアーミー)、LYLE&SCOTT / Hive(ライル・アンド・スコット / ハイブ)、magneT(マグネット)、MEDIUM(ミディアム)、MMMMM(エムゴ)、paulfrank(ポール・フランク)、Pester(ぺスター)、pokit(ポキット)、RESTERODS((レステロッズ)、samabandha(サマバンダー)、SOMET(ソメ)、SOUTIENCOL(スティアンコル)、TIM VAN STEENBERGEN(ティム・ヴァン・スティーンバーゲン)、Victorinox Swiss Army(ヴィクトリノックス・スイスアーミー)

フィレンツェから日本では手に入りにくいイタリアンブランドアイテムを直送してくれるショップ Forzieri.com(フォルツィエリ) 

Forzieri.com(フォルツィエリ)はフィレンツェから日本では手に入りにくいイタリアンブランドアイテムを直送してくれるショップです。ミラノの3GといわれたGIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)GIANFRANCO FERRE'(ジャンフランコ フェレ)Gianni Versace(ヴェルサーチ)などの有名ブランドはもちろん、日本では販売しているのを見ることすら稀なブランドもここでは手に入ります。

普通に日本で売っているアイテムでは満足できないという方には絶対にオススメなショップです。



ショップ名 Forzieri.com(フォルツィエリ)
URL http://www.jp.forzieri.com/
運営会社 フォルツィエリ インターナショナル
送料 1000円~2500円
取り扱いアイテム タイ、サングラス、ジャケット、コート、シューズ、ニット、シャツ、ポケットチーフ、ポロシャツ、ベルト、マフラー、スカーフ、帽子、手袋
主な取り扱いブランド DS Reaction(ディーエスリアクション)、KENZO(ケンゾー)、Pakerson(パーカーソン)、Prochownick(プロコヴニック)、Schiatti&C(スキャッティ)、VALENTINO(ヴァレンティノ)、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン ウエストウッド)、Villa Bolgheri(ヴィラ・ボルゲリ)、Versace(ヴェルサーチ)、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)、EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)、Ghibli(ギブリ)、Gucci(グッチ)、Christian Dior(クリスチャン ディオール)、KRIZIA(クリツィア)、ken scott(ケン スコット)、Gokan Cobo Tatti(ゴーカン コボ タッチ)、Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)、GIANFRANCO FERRE'(ジャンフランコ フェレ)、GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)、GIORGIO FEDON(ジョルジョ フェドン)、Giorgio Maraldi(ジョルジョ マラルディ)、Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)、Bagutta(バグッタ)、BASILE(バジーレ)、PANCARDI&B(パンカルディ)、Finamore(フィナモーレ)、Ferrari(フェラーリ)、FENDI(フェンディ)、Forzieri(フォルツィエリ)、Fornasetti(フォルナセッティ)、Black Bear(ブラックベアー)、Principe di Salina(プリンチペ ディ サリーナ)、Brunori(ブルノーリ)、Pelletterie Fiorentine(ペッレッテリエ・フィオレンティーネ)、Persol(ペルソル)、MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)、Manieri(マニエーリ)、Mariano Campanile(マリアーノ カンパニーレ)、Missoni(ミッソーニ)、Mila Schoen(ミラ ショーン)、MOSCHINO(モスキーノ)、MONTBLANC(モンブラン)、RENATO BALESTRA(レナート バレストラ)、ROCCOBAROCCO(ロッコバロッコ)、Roberto Cavalli(ロベルト カヴァリ)

1本あると便利な定番パンツ Dickies(ディッキーズ) ローライズワークパンツ ストレート 

今の季節はカジュアルがOKな職場だったら俗に言う「綿パン」を履いて出勤をしている人が多いのではないでしょうか。暑い季節は体にまとわり付きやすいウールのパンツよりも、綿のパンツの方が快適に過ごせますからね。しかし綿のパンツは意外とシワになりやすく、クリース(パンツのセンタープレスのこと)も消えやすいので、マメにアイロンがけをしなくてはなりません。そんなアイロンがけが面倒な場合は、クリークが消えにくいパーマネント加工がしてある物を選ぶといいですね。

下の写真のパンツはご存知ディッキーズのものです。ディッキーズのパンツはパーマネントクリーズラインというクリースが消えにくい特殊加工を施してあるので、アイロンいらずで履くことが出来ます。アイロンがけが面倒な方には、まさに理想的なパンツですね。

ディッキーズのパンツというと、太目で無骨なシルエットのものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、写真のものは「ローライズワークパンツ ストレート」というタイプのもので、定番の太めなパンツよりもすっきりと履けるようになっています。これならばオフィスでのカジュアルスタイルにも違和感無くマッチしますね!

ディッキーズのパンツは素材がかなり丈夫に出来ているので、数年履き続けてもなかなかへたれることがありません。また、どんな服にもマッチするので1本持っておくと活躍する場面も多いかと思います。男なら1本は持っていたい定番のパンツですね!

Dickies ディッキーズ ローライズワークパンツ ストレート
↓履いてみるとこんな感じです。
ビジネスユースなら裾はもう少し短くするといいですね。
Dickies ディッキーズ ローライズワークパンツ ストレート

セレクトショップからコレクション参加ブランドまで勢ぞろい nuan+(ニュアン) 

nuan+(ニュアン)Adam et Rope(アダム エ ロペ)B'2nd(ビーセカンド)Edition(エディション)などの有名セレクトショップやYAB-YUM(ヤブヤム)などのコレクション参加ブランドのアイテムが揃うショップです。

新作の販売だけでなく、nuan+(ニュアン)別注のアイテムも数多くあり、ファッション好きには見逃せないサイトになっています。



ショップ名 nuan+(ニュアン)
URL http://www.nuan.gr.jp/
運営会社 スタイライフ株式会社
送料 全国一律送料550円
取り扱いアイテム ジャケット、ニット、パンツ、バッグ、シャツ、シューズなど
主な取り扱いブランド Adam et Rope(アダム エ ロペ)、Brown Bunny(ブラウン バニー)、B'2nd(ビーセカンド)、Edition(エディション)、everlasting sprout(エバーラスティング スプラウト)、FRAPBOIS(フラボア)、liptional(リプショナル)、matohu(まとふ)、mintdesigns(ミントデザインズ)、Amphitrite Melan(アンフィトリテ メラン)、monde of gloria(モンド オブ グロリア)、Mon tsuki(モンツキ)、paper chest(ペーパーチェスト)、SOMARTA(ソマルタ)、suzuki takayuki(スズキ タカユキ)、TATRAS(タトラス)、THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)、TOKISHIRAZU(時しらず)、two.(two dot(トゥードット)、united bamboo(ユナイテッド バンブー)、YAB-YUM(ヤブヤム)、Recipier inclure(レシピエ アンクリュール)、e.m.(イーエム)、LOVE FOR SWEETS / リブ フォー スイーツ)、null by artless(ヌル バイ アートレス)、SOMA DESIGN(ソーマ デザイン)

カジュアルアイテムが好きならココ G─Cells(ジーセルズ)  

G─Cells(ジーセルズ)はglamb(グラム)、DEVILOCK(デビロック)などの旬なカジュアルアイテムが揃うショップです。Tシャツやスウェットなどのカジュアルアイテムが好きな方にはオススメなショップです。

カジュアルアイテムが中心ですが、シューズ、ブーツ、シャツなどはビジネスカジュアルにも応用できそうなアイテムが沢山あります。普通のビジネスカジュアルじゃつまらないといった方にはオススメできます。



ショップ名 G─Cells(ジーセルズ)
URL http://g-cells.com/
運営会社 有限会社コネクテッド・セルズ
送料 全国一律送料399円
取り扱いアイテム ジャケット、ニット、パンツ、バッグ、シャツ、シューズなど
主な取り扱いブランド 81LDK(ハイエルディーケー)、ABSTRISE(アブストライズ)、adidas(アディダス)、Ally&Dia(アリーアンドダイア)、Censored Sentient(センサードセンティエント)、CLUCT(クラクト)、CONVERSE(コンバース)、DEVILOCK(デビロック)、El.Brown(エルブラウン)、EMPIRE(エンパイア)、fourthirty(フォーサーティー)、FTC(エフティーシー)、glamb(グラム)、HEADQUARTER(ヘッドクォーター)、Kinetics(キネティクス)、MANUFACTORY(マニュファクトリー)、MOTA(モタ)、NEW BALANCE(ニューバランス)、NIKE(ナイキ)、PROJECT SR'ES(プロジェクトエスアールエス)、RADIALL(ラディアル)、RITUAL OF ROOTS(リチュアル オブ ルーツ)、SOAR(ソア)、Subciety(サブサエティ)、Subcrew(サブクルー)、SUFFER(サファー)、SUSPEREAL(サスぺリアル)、VANS(ヴァンズ)

ブランド品の総合デパート リベルタ東京 

リベルタ東京オメガエルメスグッチティファニーアルマーニなど、世界の一流ブランドを取り揃えたブランド総合デパートといえるショップです。

こちらのショップの注目は毎週末に開催されるウィークエンドバーゲン。通常でもかなりの格安価格なアイテムばかりなのですが、ウィークエンドバーゲンではさらに激安に!これは毎週チェックしたいですね。



ショップ名 リベルタ東京
URL http://www.liberta-tokyo.co.jp/
運営会社 株式会社リベルタ
送料 525円
北海道840円
沖縄1,830円
取り扱いアイテム 時計、サングラス、アクセサリー、バッグ、シューズ、
主な取り扱いブランド OMEGA(オメガ)、GUCCI(グッチ)、COACH(コーチ)、Folli Follie(フォリフォリ)、HERMES(エルメス)、TIFFANY&CO(ティファニー)、BVLGARI(ブルガリ)、DIESEL(ディーゼル)、D&G(ディーアンドジー)、SKAGEN(スカーゲン)、HAMILTON(ハミルトン)、Nixon(ニクソン)、OAKLEY(オークリー)、RayBan(レイバン)、VonZipper(ボンジッパー)、POLICE(ポリス)、CAZAL(カザール)、CELINE(セリーヌ)、ChristianDior(クリスチャンディオール)、FURLA( フルラ)、KATHARINE HAMNETT(キャサリンハムネット)、PRADA(プラダ)、Chloe(クロエPRADA(プラダ)、Corto Moltedo(コルトモルテド)、FRANCESCO BIASIA(フランチェスコ ビアジア)、BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)、Ferragamo(フェラガモ)、DOLCE&GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ)、ARMANI JEANS(アルマーニジーンズ)、EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)

絶対にやってはいけない着こなし その4 スリーピーススーツにボタンダウンシャツ 

今日の通勤時にふとスリーピーススーツを着ている若いビジネスマンを見かけました。最近は暑くなったということもあり、スリーピーススーツを着ている人が少なくなりましたので、余計に目に付いたのかもしれませんが、目に付いた理由はそれだけではありません。そのビジネスマンはスリーピーススーツにボタンダウンシャツを合わせていたのです。それがおかしいと気づく人は少ないかもしれませんが、スリーピーススーツにボタンダウンシャツは絶対にNGなコーディネイトですね

そもそもスリーピーススーツはスーツの中でも最もフォーマルなスーツになります。ちなみに次にフォーマルなのがダブル、最もカジュアルなのがシングルツーピースと言われています。そんなフォーマルなスリーピーススーツにシャツの中で最もカジュアルなボタンダウンシャツを合わせるということが断然NGなのですね~

ここ数年ボタンダウンシャツは人気ということもあり、カジュアルスタイル、スーツスタイル問わず着用している人を見かけますが、ボタンダウンシャツの守備範囲はカジュアルからツーピーススーツまでで、ダブルやスリーピースのスーツにあわせるのはNGなのです

ちなみに故橋○龍太郎元総理大臣は公の場で堂々とスリーピーススーツにボタンダウンシャツのスタイルで現われ、多くの服飾評論家からけなされたものです。それだけに飽き足らず、橋○元総理はダブルカフスのボタンダウンシャツというトリッキーなシャツまで着用し、バッドドレッサーの名をほしいままにしました。さすが政治の頂点を極めた人はやることが違いますね!

まあ、そんな橋○元総理のようにけなされないためにもスーツにボタンダウンシャツは避けましょうね♪

スリーピーススーツにボタンダウンシャツ

ボタンダウンのポロシャツは今の季節のジャケットのインナーにピッタリ ベネトン ボタンダウンポロシャツ 

ポロシャツはオフスタイルにもカジュアルなビジネススタイルにも使える便利なアイテムです。しかし、一般的なポロ衿は立体感に乏しいものが多く、ジャケットのインナーに合わせるとちょっとのっぺりとした印象になりがちです。ジャケットのインナーにポロシャツを合わせたいならボタンダウンのポロシャツを選ぶと襟元に立体感が出てキレイです

下の写真のポロシャツはベネトンのものなのですが、今風の小さめの衿のボタンダウンがなんともかわいらしい感じです。また、胸元のポケットがフラップポケットになっているので、一枚で着たときにいいアクセントになってくれます。流行のナローラペル(細い衿のこと)のジャケットなんかと相性がよさそうですね

ジャケットのインナーでも、一枚で着ても格好いいこんなポロシャツはこれからの季節に大活躍しそうですね!
ベネトン ボタンダウンポロシャツ

素材別ポケットチーフの挿し方 

以前にポケットチーフの挿し方について紹介をしましたが、ポケットチーフは素材によって向く挿し方、向かないさし方があるのです。また、素材によってはカジュアル向けだったり、フォーマル向けだったりということもあるのです。

そこで今回は素材別のポケットチーフの挿し方をご紹介しようと思います。以前のポケットチーフの挿し方とあわせて読んでもらえれば、ポケットチーフの使い方がよくわかるようになると思います。

素材 画像 コメント
シルク シップス ポケットチーフ どちらかと言うと無地はフォーマル向け、柄物はカジュアル向けでも。柔らかいものが多く、パフドやクラッシュドのような挿し方はしやすいが、きちんと折りたたむ必要があるスリーピークなどにはあまり向いているとは言えない。ちなみに写真のチーフはシップスのオリジナルのもの。
コットン タブロイドニュース ポケットチーフ カジュアル向けの素材。厚手の物が多く、パフドだとボリュームが出すぎてしまう可能性がある。また、フォーマル向けなスリーピークにもあまり向かない。クラッシュドかTVフォールドに向いている素材といえる。ちなみに写真のチーフはタブロイドニュースのもの。
麻(リネン) オンダータ ポケットチーフ 最もフォーマル向けな素材。リネンは素材に硬さがあるため、パフドスタイルには向かない。クラッシュドやスリーピークスに向いている素材といえる。ちなみに写真のチーフはOndata(オンダータ)のもの。

スーツスタイルにブーツでセクシーに♪ ビームス CANOVA(カノーヴァ) インサイドジップブーツ 

どちらかと言うとカジュアルな時に履く印象があるブーツですが、実は細身のスーツとブーツはとても相性がいいのです!スーツとブーツが相性いいと聞くと意外に思われる方も多いかもしれませんが、そもそもスーツが生まれた150年ほど前は、スーツの足元に合わせる靴といえばブーツだったのです。その後オックスフォード大学の学生が、現代のような短靴をスーツにあわせるようになり、現代ではそちらの方が優勢になってしまったのです。ちなみにこのことに由来して、短靴は英語で「オックスフォード」と言うのですね~ちょいとした豆知識です!

若干話が脱線しましたが、スーツにブーツはOKといっても、もちろんどんなブーツでも言い訳ではありません。スーツにあわせるなら下の写真のジップアップブーツのように細身の形で、キメの細かい革を使って作られたブーツがオススメです!

ちなみにこちらのジップアップブーツはCANOVA(カノーヴァ)と言うビームスで販売されている物です。通常ジップアップブーツと言うと、ジップが外側に配されていることが多いのですが、このブーツは内側に配され人目につきにくくなっています。また、トゥがストレートチップになっているので、非常にドレッシーなスタイルに仕上がっており、スーツスタイルや、フォーマルスタイルにあわせてもOKなブーツに仕上がっています!

足を組んだときにチラリと見えるセクシーなブーツ!なんともいえない大人の色気をかもし出すこと間違いなしです!是非、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?
ビームス カノーヴァ インサイドジップブーツ


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら

ポケットチーフの挿し方 

ポケットチーフというと、フォーマルな場でしか挿すことのないものと思われがちですが、挿し方次第ではビジネスやカジュアルな場でもOKなものです。また、フォーマルな場で無い限り、ポケットチーフの色の選択は自由なので、暗い色が多いスーツ、ジャケットスタイルには良いアクセントになってくれます。

しかし、挿すことが少ないポケットチーフなので、なかなか挿し方を知る機会は無いと思います。そこで、一般的なポケットチーフの挿し方をまとめてみました!これらの他にも色々な挿し方はあるのですが、とりあえず以下のものを覚えておけば、フォーマルからカジュアルまでカバーできます!是非参考にしてください!

名称 画像 コメント
クラッシュド クラッシュド 最も華やかな席にふさわしい挿し方。チーフの中央をつまみ、つまんだ方を下にしてポケットに挿し込む。麻、シルク、コットンいずれの素材のチーフでもキレイに挿せる。
パフド パフド カジュアルなスタイルに向く挿し方。クラッシュドとは逆にチーフの中央をつまみ、つまんだ方を上にしてポケットに挿し込む。どちらかと言うとシルクのチーフに向く挿し方
TVフォールド(スクエア) TVフォールド(スクエア) ビジネススタイルに向く挿し方。チーフを長方形に折りたたみ、辺の短い方をポケットからチラリと覗かせる様に挿す。コットンや麻のチーフに向く挿し方
トライアングル トライアングル セミフォーマルに向く挿し方。チーフを正方形に折りたたみ、さらに角と角を合わせるように折りたたみ、1つの角のみをポケットから覗かせる。麻、シルク、コットンいずれの素材のチーフでもキレイに挿せる
スリーピーク スリーピーク 最もフォーマルに向く挿し方。チーフの角をずらして三角形に折りたたむのを3回繰り返して挿す。角がキレイに立ちやすい麻のチーフに向く。

暑いオフィスに扇子は必須! ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング オリジナル 扇子 

最近は省エネだなんだでエアコンを28℃に設定にしているオフィスが多いですね。しかし、エアコンを28℃設定にしていると、パソコンが多くあるオフィスでは30℃を越えてしまうことが多いって知っていますか?そんなわけで最近はどうにも暑いオフィスが増えているような気がします。私が働いているオフィスでもしかりと言ったところです。

いくら最近はクールビスOKなオフィスが増えたからといって、男性は女性のようにノースリーブなんかでは出勤できないので、この暑いオフィスの増加は困ったものです。そんなわけで、暑いオフィスをしのぐために、今や男性のビジネスマンに扇子は必須のアイテムになりつつあるのではないでしょうか。

しかし、なかなかセンスのいい柄の扇子(シャレじゃないよ)を探すのって難しいものですよね。デパートで売っているようなものだとちょっと年寄り臭い柄だったりと、なかなか若い人が使おうと思えるものは少ないものです。

しかし、下の写真の扇子だったら若い人が使っても違和感は無いのではないでしょうか。なんと扇子なのに水玉模様なのです!水玉模様の扇子ってありそうで無かったって感じですよね!ちなみにこちらの扇子はユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのオリジナルの扇子なのです!さすがアローズと言ったところですね!

6月は比較的涼しい日々が続いていますが、この分だと逆に7月はものすごく暑くなりそうな予感がします。暑いオフィスを快適に過ごすためにも扇子は必須アイテムなのではないでしょうか?


united arrows(ユナイテッドアローズ)に関する詳細はこちら

革靴の品質は価格に正比例する 

世の中には3000円で買える革靴もあれば、 エドワードグリーン チャーチ のように10万円以上もする革靴もあります。まさにピンからキリまであるのが革靴というアイテムなのですが、価格が安い革靴と高い革靴では何がどのように違うのか疑問に思われる方も多くいると思います。また、革靴に10万円も出すなんて無駄だと思う方も多くいるのではないでしょうか。しかし、私は革靴ほど価格と品質が正比例するアイテムは無いと思っています。

価格と品質が正比例するのは当たり前のようなことに聞こえるかもしれません。しかし、スーツを例に出すと、5万円のスーツと10万円のスーツで2倍程度の品質の差があるかというと、正直なところ無いように思えます。しかし、5万円の革靴と10万円の革靴では、確実に2倍程度の品質の差はあるように思えます。まあ、革靴は電化製品などと異なり、数値化できるスペックはありませんので、私の経験からの判断でしかありませんが、決して外れてはいないと思います。

では、具体的に価格の高い革靴とそうでない革靴はどこ差があるかというと、まず価格の高い革靴は確実によい革を使用しています。より具体的に言うと、価格の安い革靴は一頭の牛の革から3~5足の靴を作ります。しかし価格の高い革靴は一頭の牛の革から1~2足の靴しか作りません。さらに言うと、最高級の革靴は一頭の牛の革から1足の靴しか作りません。つまり、価格が高い革靴ほど、革のよい部分のみを使用して作られているのです。もちろん、そもそもの牛の革の品質自体も違います。高級な革靴はデュプイ(フランスの高級革メーカー)を筆頭とする一流のタンナー(革メーカー)のものしか使用しません

また、価格の高い革靴は製作過程の多くを人の手によって行っています。革は元々生き物であるがゆえに、機械で無理やり成型を行うと、どこかしらに無理が生じて、型崩れを起こしやすい靴になってしまいます。しかし、人の手によって、微妙な調節を行いながら、じっくりと成型していくと、型崩れを起こしにくく、長持ちする革靴が出来上がります。そして、多くの高級革靴はグッドイヤーウェルト製法という、一度アッパーにウェルトと言う細い革を縫いつけ、そのウェルトに靴底を縫い付ける手間のかかった製法を採用しています。このグッドイヤーウェルト製法は靴底とアッパーを接着剤でくっつけるだけの圧着製法とは異なり、何度でも靴底を張り替えられるように出来ています。また、履けば履くほど足に馴染むような作りになっています。ちなみに10万円以上の価格の革靴はマメ手入れをにしておけば、確実に10年以上履くことが出来ます

そのほかにも細かく見ていくと、価格の高い革靴とそうでない革靴とでは様々な差があります。色々と革靴のことを知っておくと、如何に高級な革靴が手間を要し、贅沢に作られているかがわかります。やっぱり エドワードグリーン チャーチ は伊達に高いわけじゃあないのです。高いのには確かな理由があり、その価格は確かに品質と正比例しているのです

↓こちらは高級革靴の代名詞エドワードグリーンのもの。
見た目からの素材の良さ、作りの丁寧さが伺えます。
EDWARD GREEN(エドワード・グリーン)BURNHAM(バーナム)

ビジネスでも履けるスマートなシルエットのチノパンツ ランズエンド チノパンツ 

カジュアルがOKなオフィスだったらチノパンツは必須と言ってもいいくらい持っておきたいアイテムですね。チノパンツポロシャツボタンダウンシャツはもちろん、コットンやウールのジャケットとも相性がよく、合わせるアイテムを選ばない万能選手です

そんな便利なチノパンツですが、ビジネスで履くなら下の写真のようなノータックのすっきりしたシルエットのものを選ぶとスマートです。ノータックのパンツは足が長く見えるのでオススメですよ。

ちなみにこちらのチノパンツはアメリカの老舗アパレル通販メーカーのランズエンドのものです。このランズエンドというメーカーの凄いところは、ここで買った商品なら全て購入時期、理由を問わず、無条件で返品、交換を受けてくれるところにあります。自社の商品に自信を持っているからこそ出来るサービスですね。

そんな品質に自信があるメーカーが作っているチノパンツだけあって、ナノテクノロジー加工で汚れやシワを付きにくしてあったり、ベルト裏にオックスフォード生地を使用して、腰への当たりを柔らかくするなど、見た目以外の部分にもこだわりが満載です!もちろんチノパンなので、洗濯機で丸洗いしてもOK!汗をかきやすい夏には大活躍してくれそうです!

ランズエンド チノパンツ

1枚は欲しい極上のシーアイランドコットン(海島綿)のポロシャツ JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) ポロシャツ 

夏のカジュアルスタイルの定番と言えばポロシャツですね。ポロシャツは衿が付いているので、カジュアルOKな職場だったらオフィスにも着ていけるのがいいところ。ポロシャツと言うと、鹿の子素材のものが定番ですが、オフィスに着ていくならこんな極上のシーアイランドコットンのポロシャツが大人っぽくて素敵です!

このポロシャツはイギリスの老舗ニットメーカーであるジョンスメドレーのもので、極上のシーアイランドコットン(海島綿)を使用したとても贅沢な逸品です。

ちなみにシーアイランドコットンとは、日本語で海島綿とも呼ばれる高級な綿素材で、カリブ海に浮かぶごく一部の島でのみ産出される最上級のコットンのことです。そんなシーアイランドコットンの特徴は、他のどのコットンよりも細く長い繊維のため、抜群の吸湿性・反射度を誇り、まるでシルクのような光沢を放つところにあります。まさに大人にふさわしい素材ですね!

また、単にシーアイランドコットンを使用しているだけでなく、30ゲージというとてもきめ細かな編み目で仕上げてあるので、手触りは極上そのもの!さすがジョンスメドレーといったところです!ちょっといいポロシャツを探している方にはオススメですね!


JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)に関する詳細はこちら

値段を抑えたカジュアルアイテムが充実したショップ globalwork EC Shop(グローバルワークECショップ) 

globalwork EC Shop(グローバルワークECショップ)は値段を抑えたカジュアルアイテムが充実したショップです。ジャケット、コートのような重衣料もほとんどが1万円以下なので、2万円もあれば全身のアイテムを揃えられてしまうのが嬉しい限りです。

こちらのサイトは価格が安いだけでなく、ポイントが沢山付く期間限定のキャンペーンなどさらにお得になるイベントも沢山行っています。

また、ショッピング以外にも各店舗がオススメするスタイリングを掲載したページやなスタイリング投稿など、面白いコンテンツが充実しているサイトです。



ショップ名 globalwork EC Shop(グローバルワークECショップ)
URL http://www.globalwork-ec.jp/index.do
運営会社 株式会社ポイント
送料 全国一律399円
10500円以上の購入で無料
取り扱いアイテム ジャケット、ニット、シャツ、コート、パンツ、バッグ等
注目アイテム バリエーション豊かなワークパンツ、カジュアルに着こなせるテーラードジャケットなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。