スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツにあわせてみたいドット(水玉)柄シャツ BEAMS(ビームス) ドビー織 レギュラーカラーシャツ 

スーツやジャケットにあわせるシャツというとストライプやチェックのものが中心ですが、ここ最近になって写真のようなドット(水玉)柄シャツも注目されています。特に下の写真のようなドビー織でドットを表現したシャツなら素材感もあり、シックなスーツスタイルにも違和感なく溶け込みます。

ちなみにこちらのシャツはBEAMS(ビームス)のもので、衿も今注目のレギュラーカラーになっており、なかなかポイントを抑えた作りになっています。タイをするなら無地のナロータイなんかを合わせるときれいにまとまりそうですね。

一見難しそうに見えるドット柄シャツですが、着てみるとさわやかな雰囲気が出ていいものです。ストライプやチェックのシャツばかりではつまらないと思っている人にはオススメしたいアイテムです。

BEAMS(ビームス) ドビー織 レギュラーカラーシャツ


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら
スポンサーサイト

秋らしさを演出するチェックのウールタイ URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ) タータンチェック ウールタイ 

秋冬らしいネクタイといえばウールタイに尽きます。ウールタイでも下の写真のようなタータンチェックのウールタイは今年旬なアイテムと言えます。タータンチェックのタイというと、あまりスーツにあわせる印象が無いように思われがちですが、身頃がピンクやブルーのクレリックシャツに合わせるととっても品良くまとまります

ちなみにこちらのウールタイはURBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ) のもので、流行を押さえた細身のシルエットがグッドです。ウール素材のタイは、シルクのタイに比べボリュームが出るので、厚手素材の秋冬のスーツやジャケットと好相性です。これからの季節に1本は持っておきたいものです。

URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ) タータンチェック ウールタイ


URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)に関する詳細はこちら

ネクタイの結び目は小さめにするのがオススメ 

街行くビジネスマンのネクタイの結び目を見ていると、多くの若いビジネスマンはネクタイをゆるく結びすぎているように思えます。意外と知る人が少ない事実ですが、ネクタイはきつめに結んだ方がエレガントに見えます

ネクタイはゆるめに結ぶと、ネクタイに表情をつけるディンプル(結び目の中央につけるくぼみのこと)がつけにくくなってしまいます。これではネクタイにエレガントな表情は生まれませんね。また、そもそもゆるめに結んだネクタイはだらしのない印象を与えます。これではどんないいスーツやシャツを着ていても様になりませんよね。

男の服は靴紐のように締める箇所がいくつか存在します。締める場所はしっかりと締めてこそきまるものです。何でもゆるめじゃ~きまるものもきまらなくなってしまいます。

ネクタイの結び目は小さく

2008年の秋冬は久々にダブルブレステッドのスーツに注目したい 

ダブルブレステッドのスーツというと20代の若者は年寄り臭いと、40代、50代の方々はバブル期を思い起こさせるというのが一般的な意見かもしれません。しかし2008年の秋冬は久々にダブルブレステッドのスーツに注目したいと思っています。

バブル期の頃はルーズなダブルブレステッドのスーツが大流行し、その反動もあり時代遅れの象徴のように思われてしまっていますが、ジャストサイズなダブルブレステッドのスーツは流行に関係なく着用できる正統なスーツなのです。また、ダブルブレステッドのスーツは年寄りのものと思われがちですが、これまた正しいサイズで着用すれば、年齢に関係なく着こなすことができます。さらにダブルブレステッドのスーツは恰幅のいい人にしか似合わないと思われがちですが、下の写真のような細身のものを選べば細い人にだってきちんと似合います

2008年の秋冬はいつもに増して多くのショップでダブルブレステッドのスーツを見かけるようになりました。ちょっと前までは探すのに苦労したくらいのものだったのですが、これは結構な変化といえるのではないでしょうか。今年はダブルブレステッドのスーツに挑戦してみると面白いかもしれませんね。

ダブルブレステッドスーツ

クロコレザーの切り替えしがセクシーなシューズ Santoni(サントーニ) No.78550 

革靴はちょっとしたデザインや素材にこだわったものを選ぶだけで印象がガラリと変わるアイテムです。下の写真のSantoni(サントーニ)の靴は一見シンプルなデザインですが、なんとシューレースを通す部分や履き口にクロコダイルレザーをあしらっています。なんともゴージャスな印象を受けますね。

また、クロコダイルレザーの切り替えし意外にも、つま先から甲にかけてのグラデーションやが鮮やかで見る人を惹きつけます。製法はイタリア製に多い履き心地の良いマッケイ製法なので、堅い革靴が苦手な人にはオススメです。

クロコダイルレザーは立っているとパンツの裾に隠れていて見えにくい部分ですが、座って足を組んだときにセクシーにチラリと見えるようになっています。男のアイテムはこういった普段は見えにくいところにこそこだわりたいものですね!

Santoni(サントーニ) No.78550


Santoni(サントーニ)に関する詳細はこちら

2008年の秋冬はグレンチェックに注目 ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング グレンチェック ダブルブレステッドジャケット・パンツ 

2008年の秋冬はブリティッシュテイストが注目を集めているようで、その流れからグレンチェックが注目されています。グレンチェックとはスコットランドの大柄の格子柄の一種で、正式名称はグレナカート・チェックと言います。この「グレン」とはスコットランド語(ゲール語)で谷間を意味し、スコットランドのアーカートという地方の谷間(グレン)で織られたことに由来し、つけられた名称といわれています。

このグレンチェックは19世紀まではスコットランド地方のローカルな柄とみなされ、一般に着用されることはありませんでした。しかし20世紀に入り、時のファッションリーダーであった英国皇太子エドワード(後のウインザー公)がスーツに仕立て着用したことにより世に広まりました。そのとき皇太子が着用したスーツは下の写真のようなダブルブレステッドのスーツだったといわれています。

ちなみにこちらのスーツはユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのもので、ジャケットとパンツが別売りのセットアップのスーツになります。長らく日本では敬遠されてきたダブルブレステッドのスーツですが、スリムなシルエットと高めのゴージライン(上着の上衿と下衿のつなぎ目のこと)バブル期のダブルブレステッドのスーツは一線を画した仕上がりになっています。これならば若い人でも違和感なく着用できるのではないでしょうか。グレンチェックのスーツは、2008年の秋冬には是非挑戦してみたいアイテムですね。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング グレンチェック ダブルブレステッドジャケット ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング グレンチェック パンツ


united arrows(ユナイテッドアローズ)に関する詳細はこちら

秋冬のジャケットスタイルに大活躍なパンツ TABLOID NEWS(タブロイドニュース) ハウンドトゥース(千鳥格子)ノープリーツ トラウザーズ 

秋冬のジャケットスタイルに合わせるパンツとして1本あると便利なのが写真のようなハウンドトゥース(千鳥格子)のパンツ。今ではハウンドトゥース(千鳥格子)柄はどちらかというとカジュアル向けな印象がありますが、かつてはモーニングコートフロックコートなどのフォーマルウェアにあわせるパンツとし使用されていたので、実はフォーマルなスタイルにも違和感なく合わせられるスグレモノなのです

ちなみにこのハウンドトゥースという柄の英語での名前は直訳すると「猟犬の歯」です。それに対し日本名の千鳥格子はこの柄が鳥が羽を広げて飛んでいるように見えたからつけられたそうです。西洋と日本ではこんな柄の見え方にも違いがあって面白いもんですよね。

それはさておきこのTABLOID NEWS(タブロイドニュース) ハウンドトゥース(千鳥格子)ノープリーツ トラウザーズですが、素材に少々のカシミアが入っているので履き心地がとても柔らかで快適そのものです。さらにストレッチもきいているので、細身ながらも動きやすさはバツグン!持っていて損は無い逸品です。

TABLOID NEWS(タブロイドニュース) ハウンドトゥース(千鳥格子)ノープリーツ トラウザーズ TABLOID NEWS(タブロイドニュース) ハウンドトゥース(千鳥格子)ノープリーツ トラウザーズ アップ

革底の靴は雨にご用心 

ほとんどの高級革靴の底は革でできています。革底は自然な通気性があり、また見た目もとてもエレガントでよいものですが、一つだけ気をつけなければならないことがあります。それは「雨の日には履いてはならない」ということです。

そもそも革は元は動物の皮膚なのでそれなりに水気には強いものです。そのため例え革底の靴でも水に濡れるだけならまったく問題はありません。そのときはただ単に乾かせば良いだけです。しかし、革底は水がすっかり染み込んでしまった状態になると急激に柔らかくなります。そしてこの状態で歩き回ってしまうと相当な勢いで減ってしまうのです。これがよくないのですね~

日本で販売されている革靴の大半はゴム底です。そのため革底にはなじみが薄い人が多く、革底の靴は雨の日に履いてはならないということを知らない人が多いようです。そのためかこんな失敗談を聞いたことがあります。ある男性が頑張りに頑張って、憧れのフェラガモの革底の靴を購入したそうです。その男性は嬉しさのあまり、毎日その靴を履いて通勤したそうです。そう、雨の日だろうがなんだろうが。そして1ヵ月後、その男性のフェラガモの靴の底にはぽっかりと穴が開いてしまったそうです。そのときは折りしも梅雨時、雨は毎日のように降っていたそうです。いくら高い靴であろうが、雨の日に毎日履き続けるとこうなってしまうのです。

革底の靴
続きを読む

足元に存在感を出したいなら! Stefano Branchini(ステファノ ブランキーニ) No.1886 

ビジネスマンが毎日のように履く革靴ですが、多くの革靴は地味なデザインのものが多く、時には物寂しく感じる場合もあるかもしれません。もちろんシンプルなデザインの革靴は飽きが来なく、長い間履くことができるので、いいものであることは間違いないのですが、そればっかりではつまらないのも事実です。

写真の革靴はStefano Branchini(ステファノ ブランキーニ)のものなのですが、デザイン、素材感、フォルムいずれをとっても存在感抜群です!こんな革靴が1足あるとシンプルな革靴に飽きたときは重宝するのではないでしょうか。

ちなみにこのStefano Branchini(ステファノ ブランキーニ)の革靴はマッケイ製法という足に馴染みやすい製法で作られています。見た目はクセがある感じですが、実は履き心地は優しいというところもポイント高しですね!

Stefano Branchini(ステファノ ブランキーニ) No.1886

ネクタイは丸めて収納するのが正解 

ビジネスマンに欠かすことのできないアイテムであるネクタイ。このネクタイですが、皆さんはどのように収納しているでしょうか。ネクタイは吊るして収納している人が多いのではないかと思いますが、実はネクタイは写真のように丸めて収納するのが良いといわれています

吊るして収納するのは決して間違いではないのですが、ネクタイは吊るして収納すると、締めたあとのシワが取れにくく、また、場合によってはよじれの原因となってしまいます。それに対し、丸めて収納すると締めたあとのシワが取れやすく、また、よじれることもほとんどありません。そのためネクタイは丸めて収納をしたほうが良いといえます。

ネクタイはデリケートなシルク素材でできているので、できるだけ素材をいたわる収納方法を用いたいものです。もし何かの空き箱があるようなら、そこに優しく丸めて収納するとネクタイはいつまでも美しさを保ってくれるものです。

ネクタイは丸めて保管する

ネクタイはディンプル(くぼみ)をつけると表情が豊かになる 

世のビジネスマンのネクタイを見回してみると、何故か日本ではディンプル(下の写真のように中央にあるくぼみのこと)をつけてネクタイを締めている人が少ないように思います。ディンプルを作ってネクタイを締めると、ネクタイに奥行きが出て表情が豊かになります。折角ネクタイを締めるのだったら結び方にこだわってみるのがおしゃれというものではないでしょうか。

ディンプルをつけてネクタイを結ぶことは、慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまうと何てことないものです。美しいディンプルを作ってネクタイを結ぶには、ネクタイを締める際に中央にくぼみをつけながら、ちょっと強めに締める、ただこれだけです。ホント慣れてしまえば朝の寝ぼけた頭でもできてしまうものです。

ビジネスファッションで身につけるものは決まりきったものが多いものですが、その中でもちょっとした工夫をするだけで、雲泥の差が出るものです。特にネクタイの締め方は、その人の着こなしの造詣の深さが現れるといわれています。ネクタイは会社に出勤してから嫌々締めるのではなく、時間をかけてじっくりと結びたいものです。

ネクタイ ディンプル

程よいショート丈が今の気分なジャケット ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング サテン素材 ピークドラペル ジャケット 

秋冬もショート丈のジャケットが大流行していますが、ビジネスにも使いたいというのなら袖より丈が短いような極端なショート丈のジャケットはいかがなものかと思います。やはりビジネスでも着こなしたいという場合は程よいショート丈のジャケットを選ぶと間違いはないのではないでしょうか。

写真のジャケットはユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのサテン素材のジャケットジャケットなのですが、短すぎない絶妙なバランスの丈なので、ビジネスの場で着用しても自然な感じにまとまります。また、ウエストが絞られたきれいなシルエット流れるようなピークドラペルの衿がエレガントな印象でとてもグッドです。グレーのウールパンツなんかと合わせてシックに着こなしたいものですね

黒いジャケットはどんなパンツ、シャツとも合わせやすいので、1着あると非常に便利なものです。オフスタイルには色落ちしたデニムなんかと合わせてラフに着こなしてもいいかもしれませんね。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング サテン素材 ピークドラペル ジャケット


united arrows(ユナイテッドアローズ)に関する詳細はこちら

ジャケットスタイルを引き立てる美脚パンツ G.T.A(ジーティーアー) ウールノープリーツパンツ 

ジャケットスタイルはスーツスタイルに比べ、自由度が上がり、コーディネイトが楽しくなるものですが、逆にその自由さゆえにコーディネイトが難しくなったりもします。そんなジャケットスタイルのコーディネイトでで、特に慎重に選びたいアイテムはなんといってもパンツなのではないでしょうか。いくらいいジャケットを着ていたとしても、パンツがよくなくてはジャケットスタイルはきまらないと私は考えています

それではよいパンツとはどのようなパンツなのでしょうか。私が思うに、シルエットは太すぎず、細すぎず、また、素材も厚すぎず、薄すぎすと、なんにしても程よさを保っているパンツなのではないかと思います。例えば写真のG.T.A(ジーティーアー)のパンツなんかはシルエット、素材のバランスがよく、まさにジャケットスタイルにピッタリのパンツと言えるのではないでしょうか。

今でこそメンズの世界にも美脚パンツなる言葉が当たり前のように使われるようになりましたが、G.T.A(ジーティーアー)のパンツは、そんな言葉が使われる前から脚が美しく見えるパンツと言えばG.T.A(ジーティーアー)と言われてきたほど作りには定評のあるブランドです。ジャケットスタイルにはもちろんカジュアルにもマッチし、まさに万能パンツと言えます。パンツが欲しいならまずはG.T.A(ジーティーアー)を見てみることをオススメします!

G.T.A(ジーティーアー) ウールノープリーツパンツ


GTA(ジー・ティー・アー)に関する詳細はこちら

襟元を引き締めてくれるタブカラーシャツ TOMORROWLAND(トゥモローランド) オックスフォード素材 タブカラーシャツ 

レギュラーカラーやワイドスプレッドカラーなど、シャツ衿には色々と種類がありますが、襟元を引き締めて見せたいときにはタブカラーのシャツがオススメです。

タブカラーとは、衿先にタブと呼ばれる紐が付いているシャツのことです。このタブをネクタイの結び目の後ろで止めると、ネクタイが浮き上がり、襟元を引き締めて見せてくれるのです。

写真のシャツはTOMORROWLAND(トゥモローランド) のオリジナルシャツなのですが、タブカラーに加え、衿先が丸くなっているラウンドカラーになっており、クラシックかつ、エレガントな雰囲気が満点のシャツです。また、身頃はオックスフォード素材なので、カジュアルにも応用がきく、守備範囲の広いシャツです。

流行のナロータイとも相性がいいタブカラーシャツは今持っていると大活躍しそうなアイテムと言えますね。

TOMORROWLAND(トゥモローランド) オックスフォード素材 タブカラーシャツ

いつかは履いてみたい究極のローファー Silvano Lattanzi(シルバノ・ラッタンジ) No.2300 クロコダイルローファー 

世の中いつかは手に入れてみたいと思うものがいくつかあると思いますが、写真のクロコダイルのローファーはそんな「いつかは手に入れてみたい」と思わせてしまうようなアイテムなのではないでしょうか。

こちらのローファーはイタリアの名靴職人シルバノ・ラッタンジの作品で、もちろん型押しのレザーなんかではなく、正真正銘本物のクロコダイルレザーを使っているものです。また、写真を見るとわかる通り、班の細かい極上の選び抜かれたクロコダイルレザーを使っています。そしてインナーライニングがオレンジの遊び心満点ですね。

また、シルバノ・ラッタンジが作っているだけあって、素材の面だけでなく、履き心地もや作りも極上そのもの!もしこの靴を手に入れることができたら一生大事にして履きたいものですね。

しかし、さすがに一流職人が豪華素材を使用して作っているだけあり、その価格もなかなか驚かされるものがあります。ホント「いつかは」こんないい靴を履いてみたいもんです。

Silvano Lattanzi(シルバノ・ラッタンジ) No.2300 クロコダイルローファー

先日出合った珍妙なシャツ 

先日友人がシャツをオーダーメイドしたそうで、嬉しそうに私にそのシャツを見せてくれました。しかし、私はそのシャツを見て絶句してしまいました。なんとそのシャツはボタンダウンシャツにもかかわらず、袖はダブルカフスになっていたのです。これは故橋○元総理大臣以来の珍妙なシャツですね。

そもそもボタンダウンシャツというのはシャツの中でも最もカジュアルに属すシャツです。そしてダブルカフはフォーマルなシャツに用いられるものです。それを組み合わせるというのはまさにアンバランスの一言に尽きます。これは完全なる失敗作だな~と思いつつも嬉しそうにしている友人が気の毒になって、その事実を言えずじまいでした。

シャツを作った場に自分が同席していればこんな過ちをせずに済んだのに・・・と思ったりもしましたが、何故そのシャツ屋はそんな珍妙なシャツを作ることを止めなかったのだろうかと、非常に憤りを感じました。例え顧客が望んだとしても、シャツ屋はプロとしてそれをやんわりと止めるべきだったと私は思います。

まあ、いずれにせよ出来てしまったものはしたかありません。それに本人はいたって嬉しそうなので、まあ良しとしようと思います。が・・・次に作るときには私がやんわりとアドバイスをして、そんな珍妙なシャツを作ることを止めなくては・・・と思った次第です。

ボタンダウンシャツ

シャツのサイズ選びについて 

ビジネスマンは毎日のように着ているシャツですが、若いビジネスマンは自分の正しいサイズを知らずに着ている人が多いような気がします。シャツはネックサイズ裄丈と二つのサイズがあり、これら双方が正しく合っていないと着たときにかなり不恰好になってしまうものなのです。

ネックサイズとは、首周りのサイズで、このサイズが正しく合っていないとネクタイを締めたときに収まりが悪くなってしまいます。また、裄丈は首の付け根から袖先までのサイズで、このサイズが合っていないと手首があらわになってしまい、また、ジャケットを着たときに袖口からシャツが覗かず、みっともないことになってしまいます。サイズが合っていないなと思う人のほとんどはネックサイズが大きすぎ、逆に裄丈が短いといった場合が多いのです。

ネックサイズは第一ボタンを締めた状態で小指一本がなんとか入る程度のものを選びましょう。慣れないうちはネックサイズをピッタリ目のシャツを着ると、若干息苦しく感じる場合もありますが、慣れればなんて子とありません。裄丈は手を下ろした状態で手首に丁度届くものを選んでしまっている人が多いようですが、これをジャストサイズと思うのは間違いなのです。手を下ろしたときにジャストなものを選んでしまうと、手を上げたときに手首があらわになってしまいます。裄丈は手を下ろした状態で3センチ~5センチほど余るものが正しいサイズです。これならば手を上げたときでも手首があらわになることはありません。

最近ではシャツをS、M、Lサイズで販売している店も多いようですが、そのようなサイズ展開のシャツの場合でもネックサイズ、裄丈がどのくらいであるかを確認しないと、サイズが合わず、後で後悔する羽目になってしまいます。格好いい着こなしをするためにはネックサイズと裄丈をしっかりと確認して正しいサイズを選びましょう!

クレリックシャツ

オーダーメイドスーツの難しさ 

最近は既製品とほとんど変わらないか、むしろ安いくらいの価格でスーツをオーダーできるところが増えています。何故そんなことが可能かというと、低価格でスーツをオーダーできるところのほとんどはメーカーで、顧客から直接注文を受けて作っているので、流通コストが大幅に削減できるためです。要はデパートなどの流通を通さないと、例えオーダーメイドでもかなり格安で顧客に提供できるのです。そういった事実がわかると、今まではデパートなどの流通業者がいかに暴利をむさぼってきたかがよくわかりますね

オーダースーツが身近になったことは大変喜ばしいことです。しかしオーダースーツは意外と注文が難しく、結果として失敗してしまうことも多いのです。それは何故か?オーダーメイドであるがゆえにデザインに自由できるため、あれやこれやとやりすぎてしまい、結果としてまとまらないスーツになってしまうことがあるのです。

例えば最近ではステッチやボタンホールの色を目立つ色合いにしたり、変わった形のボタンをつけたりと、色々な注文に応じてくれますし、それを積極的に勧めてきたりもします。しかし、これらをやりすぎると、なんだかちぐはぐなスーツになってしまい、ちょっと着ただけで飽きてしまうようなスーツになってしまうのです。

私が最近見た奇抜なオーダースーツの例としては、ステッチが赤、ボタンホールの色も赤、袖ボタンのボタンホールは赤、青、黄色順番に並べるといったものです。果たしてこの人はこのスーツを来年も着ているのだろうかと疑問に思った次第です。

いくら低価格でオーダーできるようになったとはいえ、それでも安い買い物ではありません。冷静に落ち着いて、本当に長く着ることができるスーツを注文したいものです。

 イギリス製 ビスポーク(オーダーメイド)スーツ

カジュアルにも活躍するレギュラーカラーシャツ 無印良品 新疆綿オックスフォードレギュラーカラーシャツ 

最近はナロータイの大流行のせいか、レギュラーカラーシャツが人気を増して来ています。ここ10年くらい長らくワイドスプレッドカラーがビジネスシーンの大半を占めていたので、久々にレギュラーカラーのシャツを見るととても新鮮な気がします。そんな注目のレギュラーカラーシャツですが、カジュアルにも使いやすいタイプを選択すると着こなしの幅を広げてくれるのではないでしょうか。

写真のシャツは無印良品のレギュラーカラーシャツなのですが、素材がオックスフォード生地(ボタンダウンシャツに多用される凹凸のある生地)を使用しているので、ビジネススタイルはもちろんのこと、デニムにあわせるなどのカジュアルスタイルにも応用がきくので、一枚あると便利そうですね。

ちなみにレギュラーカラーシャツにネクタイを結ぶときにはプレーンノットダブルノットなどの結び目が細長くなる結び方がオススメです。ワイドスプレッドカラーに合わせるような結び目が太くなる結び方はアンバランスになってしまいますのでご注意を!

無印良品 新疆綿オックスフォードレギュラーカラーシャツ


無印良品に関する詳細はこちら

重ね着に役立つカーディガン SHIPS(シップス)ハイゲージ Vネックカーディガン 

最近はクールビズならず、ウォームビズと言うものもあるそうで、ウォームビズでは秋冬のビジネスファッションの重ね着スタイルが推奨されています。確かに寒さは暑さと違って、重ね着さえすればどうにかなるもので、この発想を取り入れてみるのも悪くないかもしれません。

ビジネススタイルで重ね着できるものといえば、ベストカーディガンが真っ先に思いつきますね。特にカーディガンは袖まで包み込んでくれるので暖かさ抜群です。寒がりの方は使ってみるといいかもしれませんね。

写真のカーディガンはSHIPS(シップス)のオリジナルカーディガンです。このカーディガンはハイゲージ(編目が細かいもの)のニット素材なので、ジャケットの下に着てもかさばらず重ね着にはもってこいのカーディガンと言えます。まさにウォームビズにはピッタリなアイテムですね。

カーディガンは元々カジュアルなアイテムなので、1枚あればオフのスタイルでも存分に活躍できます。デニムに流行のショートカラーのシャツなんかと合わせてもなかなか格好いいものですよ。

SHIPS(シップス)ハイゲージ Vネックカーディガン


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

ジャケットスタイルにもOKなスニーカー Vans(ヴァンズ) VAULT SK8-HI 

ジャケットスタイルの足元といえばスリッポンなどの革靴が一般的ですが、たまにはもっと軽めのシューズを履いてみたいなんて気分になることもあります。だからといってキャンバスのスニーカーなんかじゃ軽くなりすぎてしまいます。そんなわけで、意外と探すのが難しいジャケットに合わせる軽めの靴ですが、写真のようなオールレザーのスニーカーだったら丁度いいバランスです。

実はこのスニーカーはあのVans(ヴァンズ)の定番モデルであるSK8-HIをオールレザーにしたモデルなのです。Vans(ヴァンズ)といえば、スケボーシューズといった印象が強いのですが、意外や意外、こんなジャケットスタイルにも違和感無く合わせられるシックなレザースニーカーも作っているのです。

このスニーカーは若干のシワをつけた革を使用しているので、アジのある風合いが魅力的です。また、使用している革はとても柔らかいものなので、履き心地はとても柔らかです。革靴にちょっと疲れたときに履いてみるには丁度いいかもしれませんね

Vans(ヴァンズ) VAULT SK8-HI

オン・オフ共に使えそうなナロータイ SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)シルクドットナロータイ 

この秋冬も引き続き人気なナロータイ(細身のネクタイ)ですが、特に写真のネクタイのようなドット柄のものは1本持っているとビジネスにもカジュアルにも使うことができて便利なものです。

こちらのタイはSHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)というSHIPSのニューカテゴリーのメンズレーベルのアイテムです。現在は東京・大阪・札幌のみでの取り扱いで、今後の展開が楽しみなレーベルです。そんなSHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)が作るタイだけあって、素材感や細身具合などがまさに絶妙と言えます。

さて、そんなこちらのナロータイですが、ビジネススタイルだったら流行のナローラペル(細身の衿のこと)のスーツスリーピースのスーツにあわせると格好良く締められます。カジュアルにだったらボタンダウンのシャツショートカラーのシャツ(衿が短いシャツのこと)ににあえてきちっと締めず、ゆるく巻きつけるような感じで着こなすといいのではないでしょうか。カジュアルにネクタイというと、ちょっと気恥ずかしい気がしますが、ナロータイなら良いアクセントになること間違いなしです

SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)シルクソリッドナロータイ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

秋はコットンジャケットが大活躍 無印良品 ツイルストレッチジャケット 

秋は日によって、また朝と夜でも気温の変化が大きいので、意外とどんなものを着たらいいか迷ってしまいませんか?厚手のジャケットを着ると暑かったり、だからといって脱いで持ち歩くとかさばったりと、服のチョイスは難しいものです。そんな秋にオススメなのが写真のようなコットンジャケットです。

ちなみに写真のジャケットは無印良品のもので、ストレッチが入っているコットン素材なので、動きやすさも抜群です。今風なちょい細めのラペル(ジャケットの衿のこと)というのもお洒落な感じですね。

コットンジャケットは秋だけでなく、春や梅雨時など、気温の変化が大きい季節には大活躍するものです。様々なシーズンに着ることを考え、コットンジャケットはベージュやネイビーなどのシンプルな色合いのものを選ぶといいですね

無印良品 ツイルストレッチジャケット


無印良品に関する詳細はこちら

意外と知られていない事実「高価な革靴はほとんど蒸れない」 

ビジネスマンは毎日のようにはいている革靴。この革靴は蒸れるものだとと思っている人は多いと思います。確かに安価な革靴は合成素材を多用しているので、夏場はもちろん、真冬でも大いに蒸れてしまうものです。しかし、意外と知られていない事実なのですが、実は高価な革靴はほとんど蒸れないのです

では、何故高価な革靴は蒸れないのでしょう。その答えは簡単です。高価な革靴は素材のほとんど全てが天然素材を使用しているので、通気性を妨げるものがまったく無いのです。また、そもそも革は通気性が無いのでは?と誤解している人も多いのですが、革は元々動物の皮膚であったものなので、当然自然な通気性があります。しかし、安価な革は通気性を損なってしまうような着色の仕方を行っているので、そのような革を使って革靴を使うと蒸れてしまうのです。

ちなみにここで言う高価な革靴とはおおむね価格が5万円以上のものを指します。また、価格がその程度というだけでなく、靴メーカーが作っているものに限ります。例えはエドワードグリーンジョンロブクロケット&ジョーンズチャーチグレンソントリッカーズなどがこれに相当します。これらの革靴は安価な比べ、ほとんど蒸れることがありません。一見通気性がよさそうなキャンバス素材のスニーカーよりも間違いなく蒸れないのです。

また、靴メーカーが作る5万円以上の革靴は、正しく手入れをすれば10年以上履くことができます。そういったことを考えると1年あたり5000円程度、5万円以上の革靴といっても安いものです。

多くの人は革靴は蒸れるものだと誤解をしていますが、本当にいい革靴を履けばそれが誤解であることはすぐにわかります。そして足の嫌な臭いともおさらばできます。この点も重要ですよね!

ジョンロブ プレーントゥ

秋冬には何枚あっても嬉しい薄手素材のタートルネック カットソー SHIPS(シップス)薄手タートルネック カットソー 

秋冬のカジュアルスタイルで役立つアイテムといったらなんと言っても薄手素材のタートルネックカットソーなのではないでしょうか。もちろんタートルネックカットソーといっても何でも良いというわけではなく、薄手素材というのが絶対条件です。何故かと言うと、厚手素材だと重ね着をしたときに着膨れしてしまいますし、また、使える季節も限られてしまうからです。

下の写真のカットソーはSHIPS(シップス)オリジナルの薄手タートルネックカットソーなのですが、しなやかな素材感がなんとも素晴らしく、まさに理想的なタートルネックカットソーです。素材はコットンなので、家庭で洗濯出来るというのも嬉しい限り。

このような薄手のタートルカットソーならカジュアルなシャツの下に着てもよしビジネススタイルのジャケットの下に着てもよし冬にタイトなコートに合わせてもよしと、幅広いスタイル、季節に大活躍してくれます。この手のタートルカットソーは色々な服に合わせることを考えて、落ち着いた色目のものを選択するのがポイントですね!

SHIPS(シップス)薄手タートルネック カットソー


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

今レギュラーカラーが新鮮 SHIPS(シップス)レギュラーカラー クレリックボーダー シャツ 

ここ何年もワイドスプレッドカラー(衿の開きが120度程度のもの)ホリゾンタルカラー(衿の開きが180度程度のもの)のシャツが主流だったせいか、レギュラーカラーのシャツが今とても新鮮に感じます。そもそもレギュラーカラーはシャツの中でも基本と呼べるものなので、1枚持っていると活躍の場が多いものです。

下の写真のシャツはSHIPS(シップス)レギュラーカラーのクレリックボーダーシャツなのですが、一見無地に見える身頃が実は細いボーダーになっているという、遊び心満点のシャツです。ボーダーといっても遠めには無地に見えるので、大概の柄のネクタイは違和感無くあわせることができます。同じボーダー柄のタイを合わせたり、逆にペイズリーやドットのタイを合わせてみてもキレイにまとまります。

レギュラーカラーのシャツは、最近再び主流になりつつある2つボタンのスーツやジャケットとも好相性なので、2つボタンのスーツやジャケットを多く持っている方は1枚あると便利なものです。

SHIPS(シップス)レギュラーカラー クレリックボーダー シャツ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

レイヤード(重ね着)スタイルに役立つベスト BEAMS(ビームス) 裏プリントストライププリントベスト 

最近若い世代を中心にニットではない、ボタン留めのベストが流行しています。Tシャツやカットソーの上に羽織る感じで着こなすのが最近の流行なようですが、キッチリとボタンを留めて着こなしてもなかなか格好いいものです。特にジャケットの下に着ると着こなしに奥行きが出て、コーディネイトの幅が広がります

下の写真のベストはBEAMS(ビームス) のものなのですが、裏地がストライプになっていて、隠れたコダワリがある面白い逸品です。また、素材は肌触りの良いコットン素材なので、初秋はシャツの上に、真冬はコートの下にと長い季節使える便利なアイテムです。

私はこの手のベストが大好きで、何着も持っているのですが、なんと言ってもボタン留めのベストの良いところはウォッチチェーンをボタンホールにつけて、懐中時計を付けることができるということです。いまどきウォッチチェーンと懐中時計を持っている人は少ないかもしれませんが、一度やってみるとやめられないくらい格好いいものです!興味のある方は是非挑戦してみることをオススメします♪

BEAMS(ビームス) 裏プリントストライププリントベスト


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら

お手ごろ価格でスーツをもう一着欲しいときにオススメ 無印良品 ウールギャバジン ストライプ 二つボタン セットアップスーツ 

以前にスーツはシーズンごとに6着ほど用意すると長持ちもして、着回しも効くと書きましたが、なかなかそれくらいの数を用意するのは難しいものです。特にちょっとしたブランドのスーツともなると、1着7万円~10万円ほどするのでそれを6着もというと厳しいことは確かです。しかし、それでもある程度数を持っていないと同じスーツを毎日着ることになり、不衛生なのは否めません。そんなときお手ごろ価格でもう一着買うことができるのが無印良品のスーツです。

下の写真がその無印良品のスーツなのですが、なんと価格は15,750円です!これは凄いですよね~しかもこの価格で素材はウール100%をしっかりと実現しています。また、ウールでもギャバジンと呼ばれるしなやかな生地を使用しているので、これからの季節から春先まで快適に着ることができます。これで15,750円はお買い得ですね。

また、このスーツはセットアップになっており、上下を別々に購入することができます。セットアップなら、スーツを購入するときありがちな、ジャケットでサイズをあわせると、ズボンがブカブカになってしまうなどの悩みも解消してくれます。こういったところも使う人のことを考えてものづくりをする無印良品ならではの心配りですね!

無印良品 ウールギャバジン ストライプ 二つボタンジャケット チャコールグレー 無印良品 ウールギャバジン ストライプノータックパンツ チャコールグレー


無印良品に関する詳細はこちら

ビジネスカジュアルにオススメなショートボタンダウンシャツ Dico(ディコ) オルタネイトストライプ ショートボタンダウンシャツ 

シャツといえば長いことポイント(衿先)が眺めのワイドスプレッドカラーのものが主流でしたが、最近はポイントが短めのショートカラー(衿の長さが6~4センチ程度のシもの)のシャツが人気を集めているようです。その人気の秘密はなんといっても、ノータイスタイルのときにも襟元がきれいにまとまるということにあるのではないでしょうか。

そんなショートカラーのシャツの中でも今シーズン特にオススメなのが下の写真のような裾が丸くなっているものです。ちなみにこちらはDico(ディコ) というブランドのシャツで、全体的にタイトなシルエットでまとめてあり、裾をインしても出しでもバランス良く着ることができるスグレモノなシャツです。

こんなシャツなら今の季節なら1枚で、少し寒くなってきたらジャケットのインにと使いまわしは抜群ですね。細身のニットタイとあわせればタイドアップスタイルにも活躍しそうです

Dico(ディコ) オルタネイトストライプ ショートボタンダウンシャツ

スーツには衿の開きが大きめなボタンダウンシャツを 背ダーツ入り 細身シャツ デュエボットーニ ボタンダウンシャツ 

最近ではクールビズの影響もあり、以前にも増してスーツスタイルにボタンダウンシャツを合わせる人が増えて着ているようです。スーツスタイルにボタンダウンシャツをあわせるのは、フォーマル度の高いダブルブレステッドやスリーピースのスーツ以外であれば、大いにスタイリッシュに見えるスタイルなのですが、合わせるボタンダウンシャツの衿の開き具合にも注意したいものです。

下の写真のボタンダウンシャツは、クラシックなボタンダウンシャツに比べ、衿の開き具合が大きく、ジャケットを着用すると、衿先のボタンが見えないようになっています。実はこれが大事なポイントなのですね。アイビースタイルのスーツスタイル以外には、衿先のボタンが見えすぎてしまうことはあんまり格好いいことではないのです。ボタンダウンシャツはさりげなく着用してこそ格好いいものなのです

こんなちょっとしたポイントを抑えるだけでもオシャレ感は違ってくるものです。男の着こなしは意外と細かいところに気を配らなければならないものなのです。

背ダーツ入り 細身シャツ デュエボットーニ ボタンダウンシャツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。