スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノータイでもタイドアップでもOKなマイターカラーシャツ デュエボットーニ マイターカラー ボタンダウンシャツ 

最近では冬でもタイドアップ不要なオフィスも増え、以前に比べるとノータイで出勤しているビジネスマンを多く見かけるようになりました。

そんなときに、いつものシャツに単にネクタイをはずしただけというスタイルではあまりにも芸が無い気がします。やはりノータイスタイルの時には、写真のマイターカラーのシャツのような、襟元に存在感があるシャツで首元を飾りたいものです。

ちなみにマイターカラーとは、写真のシャツのように衿に切り返しのあるデザインのシャツのことを指します。襟元に存在感が出るので、ノータイスタイルのシャツにはピッタリといえそうです。

もちろんネクタイを締めてもOKなので、ノータイスタイルでもタイドアップスタイルでも使える便利な衿型なのです。



スポンサーサイト

サイドレースのシューズでセンスをアピール Queen Classico(クインクラシコ) サイドレースシューズ 

革靴のシューレース(靴紐)というと、靴の真ん中に通すものが一般的ですが、中には写真のようにサイドにシューレースを通す変り種なシューズもあります。このようなタイプの靴はサイドレースシューズと呼ばれているのですが、実はこのタイプのシューズは細身のパンツのスーツとあわせると実に格好いいのです。

サイドレースシューズは当然紐の結び目が靴の横側に来ます。そのため、正面から見たシルエットはシンプルかつエレガントなもので、細身のパンツととても相性がいいのです。

お洒落は足元からとはよく言ったものですが、こんなサイドレースシューズならばお洒落に見えること間違い無しというものです。



冬暖かく、夏涼しい鹿の子素材のシャツ デュエボットーニ 鹿の子素材 クレリックボタンダウンシャツ 

鹿の子素材というと、ポロシャツに使われるということもあり、夏向けの素材といった印象があります。しかし、実は冬に着用すると暖かく、通年使える便利な素材なのです。

そんな便利な鹿の子素材を使い、ポロシャツではなくシャツに仕立てたのが写真の鹿の子素材のクレリックボタンダウンシャツです。

こちらのシャツは衿、カフ以外の箇所は鹿の子素材で出来ているので、あの柔らかな着心地とアイロン要らずで着用できる便利さを味わうことが出来ます。また、衿、カフは通常のシャツ素材を使用しているので、ネクタイをしてもなんら違和感が無いように出来ているのもポイントです。

鹿の子素材は夏だけと考えるのは非常にもったいないです。冬もあの柔らかな着心地を楽しみたいものです。



今注目を集めているカーフ・スウェードのコンビブーツ Queen Classico(クインクラシコ) カーフ・スウェードコンビブーツ 

ここ最近は高級革靴がブームということもあり、男の靴にも様々な流行が生まれています。特に近年のロングノーズシューズの隆盛は目を見張るものがありました。

そんな男の靴で今注目を集めているデザインがあります。そのデザインとは写真のQueen Classico(クインクラシコ)のブーツのようなカーフとスウェードがコンビになった靴です。

コンビのシューズというと、ビジネスで履くには抵抗があるという気がしますが、同色で素材違いのコンビなら派手な印象にならず、ビジネスで着用してもまったく違和感ありません。

また、そもそもカーフとスウェードのコンビの靴は100年ほど前には一般的に履かれていた由緒あるタイプの靴なので、現代の正統派スーツともピッタリマッチするのです。特に細身のパンツの3つボタンスーツとは好相性なのです。細身のスーツが好きな人は是非持っていたい一足です。



ダイバーズウォッチとカフリンクスの融合 muta(ムーター) ダイバーズウォッチカフリンクス 

イギリスの著名ブランドが時計をカフリンクスを融合させたカフリンクスを発表して以来、数々のブランドでこの時計内蔵カフリンクスが発表されてきました。しかし、写真のmuta(ムーター)のカフリンクスは今までの時計内蔵カフリンクスとは一線を隔すデザインで注目を集めています。何とこちらのカフリンクスは、ダイバーズウォッチとカフリンクスを融合させた、他にはないユニークなデザインなのです。

一般的に時計内蔵カフリンクスの時計部分はシンプルな文字盤の時計がほとんどです。しかし、こちらのカフリンクスは世の男性に人気の高いダイバーズウォッチをカフリンクスと組み合わせたところが面白く、今注目を集めています。

ダイバーズウォッチとこのカフリンクスで、ダイバーズ好きをアピールしてもよし、あえて上品なデザインの時計とあわせてミスマッチを楽しんでみてもいいかもしれませんね。



スーツスタイルにマッチする薄型スクエアウォッチ SKAGEN(スカーゲン) 日本限定 ビター&ラテ スクウェアウォッチ 

スーツスタイルにマッチする腕時計の条件として、シンプル&上品なデザインであるという点が挙げられますが、そういった時計は見つけるのは意外と難しいものです。しかし、写真のSKAGEN(スカーゲン)の腕時計はシンプルな文字盤、上品なダイアル(文字盤)とスーツにマッチする時計の条件をしっかりと満たしている秀逸な腕時計です。

ちなみに写真の時計のメーカーである、SKAGEN(スカーゲン)はデンマークの時計メーカーで、無駄の無いシンプルなデザインでありながら、独自の美意識を反映させた時計を作ることで知られています。また、デザインだけでなく金属アレルギーを配慮した素材選びをするなど、ユーザーのことを意識したモノ作りも高く評価されています。

そんな注目の北欧時計メーカーが作る時計だけあり、上品かつ飽きの来ないデザインはさすがといったところです。シャツの袖からチラリと見えたときに存在感をアピールできそうですね。



通常のタイと同じ感覚で使えるニットタイ FRANCO BASSI(フランコ バッシ) 剣付き カシミアニットタイ 

ニットタイというと、剣先がスクエアにカットされているものが一般的です。このスクエアにカットされた剣先はカジュアルな印象があるので、フォーマル度の高いダブルブレステッドやスリーピースのスーツには合わせにくい印象があります。しかし、写真のFRANCO BASSI(フランコ バッシ)のカシミアニットタイならば、通常のタイと同じように剣先付きなので、フォーマル度が高いスーツともよく合います。

写真を見る限りは通常の小紋柄のタイのように見えますが、よく見るとれっきとしたカシミアのニットタイです。そのため締め心地は柔らかです。そして、通常のタイのように剣先があるので、ちょっとフォーマルなスーツにも違和感無くあわせることができるスグレモノのタイなのです。

そのカジュアルさから、今までニットタイに抵抗があった人も、このタイならば抵抗無く締めることが出来そうですね。

FRANCO BASSI(フランコ バッシ) 剣付き カシミアニットタイ

柔らかな着心地が魅力のジャケット GEKKO(ゲッコー) ツイード・カットソージャケット 

ツイードのジャケットというと、重く、硬い生地を使用しているものが一般的です。しかし、写真のGEKKO(ゲッコー)のツイード・カットソージャケットは、ツイードの重く、硬いといった印象を吹き飛ばしてくれる、軽く、柔らかな、画期的なツイードジャケットです。

こちらのジャケットはツイードにもかかわらず、カットソーであるという独自の素材を使用しており、この素材が軽く、柔らかな、今までのツイードジャケットに無い着心地を実現してくれています。また、カットソー素材を使用しているといっても、そのシルエットは立体的かつ構築的で、通常の1枚仕立てのアンコンジャケットとは一線を隔しています。これならばビジネススタイルにも違和感無く使えます。

近年は芯地の無いアンコン仕立てのジャケットが多く出ていますが、シルエットが秀逸なものは多くありません。しかし、このゲッコーのジャケットはシルエット、着心地、共に言うこと無しの1着です。

GEKKO(ゲッコー) ツイード・カットソージャケット

何枚でも欲しいベーシックかつ上質なホワイトシャツ Hilditch & Key(ヒルディッチ&キー) ワイドスプレッド ドレスシャツ 

近年は様々な色、柄のシャツが販売されていますが、やはり白いシャツは男のビジネススタイルの基本といえるアイテムです。そんな基本といえるアイテムこそは上質で飽きの来ない最良の品を選びたいものです。

下の写真のシャツはHilditch & Key(ヒルディッチ&キー)という、1899年に創業されたイギリスのシャツメーカーのものです。ワイドスプレッドカラーの衿上質なブロード地適度な厚みの貝ボタンと、どれをとってみても男のベーシックなシャツと呼ぶに相応しい仕上がりです。さすが長年イギリス上流階級から絶大な信頼を受けているシャツメーカーと言えそうです。

このようにベーシックかつ上質なシャツを何枚も持ち、さりげなく着こなすことが出来るようになってこそ、男の着こなしは完成します。このようなシャツは1枚ならず、何枚でも持っておきたいものです。

Hilditch & Key(ヒルディッチ&キー) ワイドスプレッド ドレスシャツ

一生物のカシミアニット BALLANTYNE(バランタイン) カシミヤVネックニット 

最近では低価格なカシミア製品が世に多く出回っていますが、写真のBALLANTYNE(バランタイン)のニットの肌触りを知ったら、その違いに驚くことは間違いないでしょう。それほどバランタインのニットの肌触りは優れているのです。

そもそもカシミアと一口に言っても、産地や毛の生えている部位、固体などによって、そのクオリティは大きく異なってきます。そんなピンからキリまであるカシミアの中でも最高級のもののみを使用して編み上げたのが写真のバランタインのニットなのです。

バランタインのニットは二世代にわたって愛用できるほどクオリティが高いといわれています。そのため、通常のニットにはない、ほつれた際に修理できるよう同色同素材の糸が付属しています。こんなことからもバランタインのニットのクオリティの高さがうかがい知れます。

価格はそれなりにしますが、スーツの下に着てもよし、カジュアルに着てもよし、そして何より末永く愛用できるバランタインのニットは持っていて損はない逸品です。

BALLANTYNE(バランタイン) カシミヤVネックニット

スーツにもカジュアルに使えるベルテッドダウンコート PEUTEREY(ピューテリー) ダウンコート 

最近ではすっかり定着してきたスーツにダウンジャケットやダウンコートを合わせるスタイリングですが、丁度いい丈で、クオリティの高いものを見つけるのはなかなか難しいものです。しかし、写真のPEUTEREY(ピューテリー) ダウンコートはスーツにあわせてもジャストな着丈と上質な素材で、大人でも満足して着用できる1着に仕上がっています。

まず、こちらのダウンコートは「TXP」と呼ばれるマットな光沢感を備えた新素材を使用しており、一般的なナイロンを使用したダウンに比べ、格段に洗練された印象になっています。また、中綿はクオリティの高いダウン100%で保温性も申し分ありません。そして首元に配された上質なラビットファーが着心地を格別なものに昇華されてくれます。これほどこだわりを持ったダウンコートはそうあるものではありません。

カジュアルはもちろんスーツ、ジャケットスタイルにあわせても格好いいこちらのダウンコート。1着あると様々なスタイルで大活躍しそうです。

PEUTEREY(ピューテリー) ダウンコート

上質なカシミアにユーモラスな柄がマッチング Robert Godley(ロバート・ゴドリー) タータンチェック サイコバニーマフラー 

今年はブリティッシュファッションが注目され、タータンチェックやグレンチェックなどの英国の伝統的な柄が注目を集めています。下の写真のRobert Godley(ロバート・ゴドリー)のマフラーはそんな注目のタータンチェックに大胆なサイコバニーと呼ばれるうさぎとスカルを組み合わせた柄をあしらい、ユーモアと伝統を見事に調和させた珠玉の逸品です。

こちらのマフラーは柄が面白いだけでなく、素材も上質なカシミアを使用しています。その他遊びのある柄でも決して安っぽくならず、むしろ気品さえ感じる作りになっています。

また、全体的な色合いはいたってシックです。そのためスーツスタイルから、大人の落ち着いたカジュアルスタイルまで様々なスタイルにマッチします。ベースは伝統的な柄なので、流行を気にせずに永く愛用できるのもポイントです。

Robert Godley(ロバート・ゴドリー) タータンチェック サイコバニーマフラー


Robert Godley(ロバート・ゴドレー)に関する詳細はこちら

驚きの最新鋭カフリンクス St.James's Collection(セント・ジェームズ) 2GB USBフラッシュメモリー内蔵 カフリンクス 

下の写真のアイテム。USBメモリーであることはわかりますが、何か普通のUSBメモリーとは違った印象です。それもそのはず、こちらのUSBメモリーは何とカフリンクスにもなるのです

こちらは普段はUSB挿入部が隠れており、スライドさせると挿入部が表れるようになっています。普段はカフリンクス、挿入部を出せばUSBメモリーにはや変わりといった意表をつく使い方ができる逸品なのです。

カフリンクスというとクラシックな男のアクセサリーといった趣がありますが、こうやって最新のデジタルアイテムと融合させることによって、何かまったく新しいものに見えてきます。何はともあれ人の意表をつけること間違いなしなこのカフリンクス。実用でも洒落でも持っていて損はないアイテムです。

St.James's Collection(セント・ジェームズ) 2GB USBフラッシュメモリー内蔵 カフリンクス

ジャケットスタイルに合わせたいカーゴパンツ BEAMS(ビームス) 6ポケットスラックス 

カーゴパンツというと、元々ミリタリーアイテムということもあり、かなりカジュアルな印象が強いパンツです。しかし、写真のBEAMS(ビームス)のカーゴパンツはそんな印象を吹き飛ばしてくれるほど洗練されていて、ジャケットスタイルにも違和感無くマッチするように出来ています

こちらのカーゴパンツは、通用はパッチポケットになっている太もも横のポケットが切り込みのポケットになっています。そのためシルエットがスマートでとても洗練された印象になっています。また、全体的なシルエットもかなり細身に作られているので、上品なジャケットスタイルにもマッチするというわけです。

こんな上品なカーゴパンツならば、ツイードのジャケットネイビーのブレザーとも違和感無くあわせられそうです。もちろん通常のカーゴパンツと同様にボマージャケットやレザーブルゾンに合わせてもよしと、幅広いコーディネイトで活躍してくれそうです。

BEAMS(ビームス) 6ポケットスラックス


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら

ほのかに可愛らしい花柄小紋タイ SHIPS(シップス) ツイル 花柄小紋タイ 

今旬なネクタイの柄といえば小紋柄が思い浮かびますが、小紋柄は地味な柄が多く、できればもう少し華があるものが欲しいと思っている方も多いのではないかと思います。そんなちょっと華がある小紋柄タイを探している方にオススメなのが写真のSHIPS(シップス)花柄小紋タイです。

こちらのタイの花柄は見てわかるとおり、控えめな白です。そのため花柄といっても可愛らしくなりすぎず、締めたときに丁度いい具合に主張してくれます。ビジネススーツにはこのくらい控えめな花柄が一番しっくりきます。

また、重圧感があるシルクツイル地を使用しているので、締めた際の結び目も美しく、最近注目を集めているホリゾンタルカラーのシャツなどとも好相性です。小紋柄は合わせるシャツの柄を選ばないので、1本あると何かと使えて便利なものです。

SHIPS(シップス) ツイル 花柄小紋タイ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

ビジネスに対応できるトートバッグ SHIPS(シップス) ビジネストートバッグ 

ビジネス用のバッグというとブリーフケースやクラッチバッグ、ダレスバッグあたりが思い浮かびますが、探せばビジネスに対応できるトートバッグもあるのです。それが写真のSHIPS(シップス)ビジネストートバッグです。

こちらのトートバッグはビジネスユース意識しているので、マチを広くととった作りになっています。そのため書類なども楽々入るようになっており、荷物が多いビジネスマンも安心なです。

また、丈夫なレザーとこれまた丈夫なナイロンのコンビになっているので、多少手荒く扱ってもOKなタフな作りになっています。これらなビジネスの場でのハードに使用にも耐えられるので嬉しい限りすです。

もちろん基本的な作りはトートバッグなので、カジュアルなスタイルで使用してもまったく違和感がありません。オンにもオフにも使えるこんあバッグはあると何かと重宝しますね

SHIPS(シップス) ビジネストートバッグ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

ラメストライプタイでVゾーンを華やかに演出 SHIPS(シップス) ラメストライプ タイ 

誰もが1本は持っていると思われるれるストライプタイですが、たまには写真のようなラメのストライプのものを選択するとVゾーンが華やかになってよいものです。

写真のストライプタイはSHIPS(シップス)のもので、程よくナローなシルエットにラメ糸でストライプを表現したなかなかエレガントなネクタイです。素材は光沢の強いシルクサテンを使用しており、日常使いからフォーマルな場にまで対応可能な1本です。

最近は慶事のフォーマルは比較的自由な風潮なので、こんな趣向を凝らしたネクタイでVゾーンを飾るととてもエレガントな印象になります。

SHIPS(シップス) ラメストライプ タイ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

寒い冬のビジネススタイルにはダウンコートがオススメ 無印良品 ナイロンダウンハーフコート 

近年は地球温暖化もあり、冬でも暖かい日が続いたりもします。しかし、やはり1月、2月は身を切るような寒い日が続いたりします。そんな寒い日にはビジネススタイルにもダウンコートを取り入れることをオススメします。

ビジネススタイルにダウンコートというと、違和感を感じる人も多いかもしれませんが、最近ではキルティングコートと同様にダウンコートもビジネスファッションのワードローブとして認識されるようになって来ました。もちろんカジュアルで着るような派手な色合いのものは論外ですが、黒や茶などの落ち着いた色合いのダウンコートやジャケットであればスーツの上に羽織ってもOKです

ちなみに写真のダウンコートは無印良品のもので、スーツにあわせてもバランスが良い絶妙な丈に仕上がっています。あまり長い丈のダウンコートですと、スポーツっぽい印象になりますが、このくらいの丈ならまさにジャストといった感じです。寒がりな方にはスーツにもこんな感じのダウンコートがオススメです 。

無印良品 ナイロンダウンハーフコート


無印良品に関する詳細はこちら

auとのコラボレーションモデルのモバイルフォン(携帯電話)ホルダー 

携帯電話は固定電話の加入台数を凌ぐほどで、今や誰もが当たり前のように持っているものになりました。そんな当たり前のように誰もが持っているものだからこそ、ちょっとした工夫を凝らして人と差をつけたいものです。

下の写真のモバイルフォンホルダーはGLENROYAL(グレンロイヤル)のもので、お得意のブライドルレザーで作られています。これだけでもなかなかこだわった一品なのですが、さらにこちらのモバイルホルダーはauとのコラボレーションモデルなのです。

ちなみにコチラのモバイルフォンホルダーは首からかけられる仕様になっているので、ちょっとしたアクセサリー感覚でも使えます。ただ最新機種の携帯電話を持つだけでなく、こういったこだわりのモバイルフォンホルダーも使ってみると一層お洒落に見えるものです。

GLENROYAL(グレンロイヤル) 携帯電話ホルダー


GLENROYAL(グレンロイヤル)に関する詳細はこちら

ポストロングノーズシューズに  

ビジネスシューズはここ2~3年ロングノーズ全盛でしたが、そろそろちょっと違ったデザインのシューズも新鮮に移り始める頃なのでは無いでしょうか。そんなポストロングノーズなビジネスシューズを探している方にオススメしたいのが写真のunited arrows green label relaxing (ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)プレーントゥシューズです。

こちらのシューズは写真の見てわかるとおり、つま先が丸く、そして少々上向きになっています。この風貌がどこか80年代を感じさせ、懐かしくも新鮮な印象です。

基本的なフォルムはいたってベーシックであり、また、ラウンドトゥは革靴の基本ともいえるトゥのフォルムなので、あらゆるスーツ、ジャケットスタイルに違和感無くマッチするので1足あると重宝しそうです。ポストロングノーズな靴を探している人にはオススメな1足です。

united arrows green label relaxing (ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング) プレーントゥ レザーシューズ


united arrows(ユナイテッドアローズ)に関する詳細はこちら

フォーマルにも使えるシルクサテンのソリッドタイ SHIPS(シップス) シルクサテン ソリッド タイ 

この秋冬は小紋柄のネクタイに注目が集まっていますが、ソリッド(無地)タイにもひそかに注目が集まっています。また、ソリッドタイといっても、単なる無地のものといだけでなく、写真のタイのように光沢の強いものが注目されています。

ちなみにコチラのネクタイはSHIPS(シップス)オリジナルのネクタイで、シルクサテンの光沢が美しい逸品です。このように美しい光沢があるネクタイが今旬と言えます。

なんと言っても光沢のあるソリッドタイの良いところは、フォーマルシーンにも応用がきくといった点です。ウイングカラーシャツ番手の高いブロードシャツとあわせればそれだけでフォーマルスタイルが完成します。また、ビジネスでは同系色のストライプシャツなどとあわせて着こなすとキレイにまとまります。

SHIPS(シップス) シルクサテン ソリッド タイ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

スーツにマッチするVネックニット TOMORROWLAND(トゥモローランド) 16ゲ-ジ メリノウ-ルVネックニット 

近年、夏のクールビズに対して、冬はウォームビズというスーツのインナーにニットなどを重ね着するスタイルが推奨されています。しかし、スーツのインナーに着こんでももたつかないニットは意外と見つけるのが困難なものです。そんな中でも写真のTOMORROWLAND(トゥモローランド)のVネックニットはスーツのインナーでもすっきりと着こなせる秀逸なニットです。

コチラのニットはメリノウ-ルを16ゲ-ジとかなり細かく編み上げたニットです。そのため着心地はとてもしなやかで、また、重ね着をしてももたつくことはありません。また、メリノウールは光沢感があるので、紡毛素材(フラノなどの厚みがある素材)のスーツはもちろん、梳毛素材(サキソニーやサージなどのマットな素材)のスーツにも違和感無くマッチします。

ウォームビズが推奨されているからといって、着込むのはどんなものでもいいというわけではありません。それに適しているものを選んで、着こなしてこそお洒落というものです。

TOMORROWLAND(トゥモローランド) 16ゲ-ジ メリノウ-ルVネックニット

気取らず使えるチェックのアスコットタイ united arrows green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング) チェック柄 アスコットタイ(アスコットスカーフ) 

秋冬のノータイスタイルにオススメしたいアスコットタイ(アスコットスカーフ)ですが、若干気取った印象もあるので抵抗がある人も多いのではないでしょうか。しかし、写真のようなシンプルなチェック柄アスコットタイ(アスコットスカーフ)ならば気取らず使えて、今まで抵抗があった人も受け入れられるのではないでしょうか。

またドット柄というとフォーマル、ペイズリー柄というとカントリーカジュアルといった印象がありますが、チェックはその中間といった感じなので、かなり幅広いコーディネイトに応用できそうです。

例えば無地のスーツネイビーのブレザーツイードのジャケットなどなどほとんどのビジネスカジュアルスタイルにマッチします。1つ持っていると着こなしの幅が大きく広がりそうなアスコットタイです。

united arrows green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング) チェック柄 アスコットタイ(アスコットスカーフ)


united arrows(ユナイテッドアローズ)に関する詳細はこちら

ブリティッシュテイストのスーツにあわせたい正統派ウイングチップシューズ SHIPS(シップス) ウイングチップ シューズ 

最近注目を集めているブリティッシュテイストのスーツに合う靴といえば、ウイングチップシューズを真っ先に思い浮かべる方が多いと思います。しかし、ウイングチップシューズはいいものを買おうとすると値が張り、なかなかお手ごろな価格で満足のいく1足を探すのは難しいといえます。

そんなお手ごろ価格で満足のいくシューズを探している人にオススメなのが写真のSHIPS(シップス)ウイングチップ シューズです。こちらのシューズは日本の靴職人が手がける完全メイドインジャパンで、イギリス、イタリア製の靴に負けない作りを実現し、価格も3万円台に抑えている、かなりお買い得感のあるシューズです。

細かいステッチワークなどは、海外製を上回るクオリティを実現しているのではないかと思わせるコチラの1足。長く愛用できるウイングチップシューズを探している方には特にオススメです。

SHIPS(シップス) ウイングチップ シューズ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

USBメモリーをスマートに持ち運ぶ GLENROYAL(グレンロイヤル) USBメモリーホルダー 

USBメモリーというと、今やビジネスに欠かすことの出来ないアイテムであるといます。そんなUSBメモリーはどちらかというと味気ないものですが、写真のようなレザーのケースに入れて持ち運ぶと愛着が湧いてきそうです。

写真のUSBメモリーケースはGLENROYAL(グレンロイヤル)のもので、お得意のブライドルレザーを使用して作られています。小さいながらもブライドルレザーの風合いが楽しめるなかなかの逸品です。

近年のビジネスグッズはハイテク化が進み、味気ないものが多いのですが、このようにちょっとケースにこだわると、また違ったものに見えてきます。こんな所にこだわってこそ芯のお洒落といえるのではないでしょうか。

GLENROYAL(グレンロイヤル) USBメモリーホルダー


GLENROYAL(グレンロイヤル)に関する詳細はこちら

3シーズン着用可能な優れたコート BEAMS(ビームス) 3ウェイスタンドカラーコート 

コートというとそれなりに値が張り、長年着用するアイテムなので、着まわしがきくものを選択するのが賢いコート選びであるといえます。

その点下の写真のBEAMS(ビームス)3ウェイスタンドカラーコートはシンプルなデザインとライナー(裏地)が取り外しできる3ウェイタイプという点から、大いに着回しがきくコートと言えそうです。

また、こちらのコートのライナーは取り外しができるだけでなく、ダウンベスト風のデザインになっているので、単体でも着こなすことが出来ます。そしてコートはライナーを取り外せば秋口や春先に着用でき、着方によっては3シーズン着用できるスグレモノです。

年が明けてからコートを購入するのはためらう方も多いのですが、このように着回しがきくコートならば冬があけても、また翌年も着ることが可能なので持っていても損は無いと思います。

BEAMS(ビームス) 3ウェイスタンドカラーコート


BEAMS(ビームス)に関する詳細はこちら

シンプルながらもユーモアのある腕時計 無印良品 自動巻き腕時計 駅の時計 

下の写真の腕時計ですが、なんかどこかで見たことあると思いませんか?そう、コチラの腕時計は無印良品の「駅の時計」をそのまま腕時計にしたなんともユーモアのある腕時計なのです。

腕時計は一目見て時間がわかるようなダイアル(文字盤)であると利便性が高いのですが、ほとんどの人が毎日見ている駅の時計をモチーフにしたものならその点は完璧です。

また、コチラの腕時計は自動巻きの機械式になっています。そのためきちんとメンテナンスを行えば長い年月愛用できます。

駅の時計をモチーフにしただけあって、そのデザインはいたってシンプルです。そのためスーツスタイルにも、カジュアルにも様々なコーディネイトに対応できるなかなか優れた時計です。

無印良品 自動巻き腕時計 駅の時計


無印良品に関する詳細はこちら

ドット柄が洗練された印象をかもし出すロングホーズ BASSETT WALKER(バセットウォーカー) ドット柄ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス) 

ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス)は大人の男が履くに最も相応しい靴下ですが、その柄の選択はセンスが表れるので要注意です。無地ストライプドットがロングホーズの柄としては適切です。

写真のロングホーズは規則正しく並んだ細かいドットが洗練された印象をかもし出し、男が履くロングホーズとしては言うことの無い出来栄えです。さすがBASSETT WALKER(バセットウォーカー) が作ったロングホーズであるといったところです。

カジュアルにおいては長さ、色、柄、いずれも自由とされる靴下ですが、スーツスタイルにおいては無地、ストライプ、ドットでダークカラーのロングホーズのみが許されます。その狭い範囲でいかにセンスのよいものを見つけられるかはセンスの見せ所と言えます。

BASSETT WALKER(バセットウォーカー) ドット柄ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス)

ファーの温もりに包まれる手袋 ALPO(アルポ) インナーファー付きレザーグローブ 

人は気温が15度を下回るとコートを着始めるといわれていますが、気温が10度を下回るとさらにマフラーや手袋が恋しくなります。さらに気温が零下まで下がると薄手の手袋ではなかなか寒さをしのぐことは出来ません。そんな気温が零下まで下がる季節でも写真のようなライニング(裏地)にファーが付いた手袋があれば手はいつでも暖かさを保てます。

こちらの手袋はALPO(アルポ)という、あのジルサンダープラダの手袋も手がけているイタリアの実力派メーカのものです。ライニングのファーは指先にまで入っているので、どんなに寒くても指先までポカポカです。また、表の革はしなやかなナッパレザーを使用しているので、手へのフィット感もバツグンです。

この手袋は暖かさもさることながら、わずかに見えるファーがなんともいえない色気をかもし出しています。手首からチラリとファーが見えたとき、「デキル」と思われること間違い無しです。

ALPO(アルポ) インナーファー付きレザーグローブ
ALPO(アルポ) インナーファー付きレザーグローブ

シーンを選ばないレジメンタルストライプのネクタイ 

突然ですが、日本人に最も人気のあるネクタイの柄をご存知でしょうか。その答えはレジメンタルストライプなのです。

レジメンタルストライプの人気の理由としては、シーンを選ばず着用できるといったことが挙げられると思います。例えば就職活動の際の学生の大半がレジメンタルストライプのネクタイを着用していることからもわかるように、面接などの比較的改まった場でも着用できますし、はたまた、ブレザーにチノパンのようなちょっとカジュアル目なスタイルでも着用が出来ます。とにかくレジメンタルストライプのネクタイはシーンやスタイルを選ばず着用できるので便利なのです

そんな便利なレジメンタルストライプのネクタイですが、派手な色合いのものよりも、写真のネクタイのように落ち着いた色合いのものを選ぶと活用度が高いです。

ジャカード織 レジメンタルタイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。