スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケットの意味を考える 

最近は夏真っ盛りということもあり、街行くビジネスマンの大半はシャツ姿で歩いています。特に今年は猛暑といえるほど暑いので、当然のことかもしれませんね。しかし、暑いからといって改まった場所にまでシャツスタイルで赴くのは考えものです

日本ではスーツのジャケットは暑ければ脱ぐといった風に考えている人が多いようですが、本来ジャケットは暑かろうが何であろうが、改まった場では脱ぐべきものではないのです。 それは何故かと言うと、シャツはそもそも肌着であり、肌着を人前にさらすのは好ましいことではないと考えられているからです。その肌着を人目にさらさないためにジャケットは存在しているのです

もっとも熱帯に近いような暑さの日本の夏に常にジャケットを着ておくというのは酷なことといえるので、常時ジャケットは着用すべきとは思っていません。しかし、客先に赴くときや、改まった会議の席では絶対にジャケットは着用すべきです

クールビズが隆盛を迎えている昨今ではこんな考え方はちょっと古いかもしれません。しかし、ジャケットの本来の意味を考えると、古い考え方とも言い切れないのではないでしょうか。

ジャケット

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。