スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対にやってはいけない着こなし その9 革靴の紐を緩めて履く  

最近、会社で送別会があり、お座敷の居酒屋に行く機会がありました。そこで私が革靴の紐を緩めてから靴を脱いでいると、ある人が「革靴の紐を締めて履くなんて珍しいですね~」なんて言ってきました。そう言われて周囲の足元を見ていると、確かにほとんどの人は革靴の紐を緩めて履いているようです。さらにそのほとんどが紐を解かずに靴を脱ぐのです!これには絶句してしまいました。もうどうしようもないほどNGな着こなしですね~

そもそも紐付きの革靴は、脱ぎ履きするときには紐を緩めることを前提に作られています。横着して緩めずに脱ぎ履きすると、必ず靴を傷めてしまいます。また、紐をしっかりと締めないで歩行をすると、足に負担がかかってしまい、健康に悪いことこの上ないのです。そのため靴紐は、歩くときにはしっかりと締め、脱ぐときにはしっかり緩める必要があるのです。

おそらく大部分の人は学生の頃に履いていたスニーカー感覚で革靴を履いてしまっているので、このような過ちを犯してしまうのではないかと思われます。しかし、こんなことが許されるのはスニーカーまでです。革靴は正しく紐を締めて履いてこそ美しいものです。面倒という人も多いかもしれませんが、紐を結ぶなんてたかが1~2分です。それさえも面倒という人は革靴を履く資格は無いというものです。

↓こんな感じで紐は締めましょうね
革靴の紐はしっかりと締める

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。