スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式に白ネクタイはもう古い! シルバーグレイ フォーマルタイ 

日本では結婚式に出席する際に白ネクタイを着用している人が多いのですが、これは海外ではまったくの非常識なのです。では海外での常識的な結婚式に出席する際のネクタイはどんなものか?それはシルバーグレイのネクタイに他なりません。

最近ではこの常識が徐々に浸透してきたようで、若い世代を中心にシルバーグレーのタイを着用し、結婚式に臨む人が増えてきましたが、それでも年配の方々は白ネクタイが多数を占めています。

何故海外ではまず見かけることが無い白ネクタイが、日本では長らく常識とされてきたのでしょうか?日本の略礼服と呼ばれ、団塊世代が正しいフォーマルウェアだと信じてきた黒スーツ、白シャツ、白ネクタイのセットは、燕尾服を簡素化したものです。そのため燕尾服の蝶タイの色である白をそのまま結び下げのネクタイにしてしまったのです。これが間違いの始まりだったのです。白い色のネクタイは、蝶タイではありえても、結び下げではありえません。また、本来昼間の結婚式に着用すべき服はモーニングコートであり、その際のタイの色はシルバーグレイです。このモーニングコートを簡略化して略礼服を作っておけば、今日のような間違いは起こらなかったのですが、当時の日本にはそんなことを考える人はいなかったのでしょうね。

というわけで、結婚式に出席する際のネクタイの色はシルバーグレイがオススメです。それ以外にも光沢の強い素材の無地のタイならOKです。

そうそう!今の時代にも白いネクタイで出席すべき場所はいくつかあります。それはヤクザの襲名披露や放免祝いなどです!そのような場に出席する機会があるようでしたら、白ネクタイは必須ですね!

シルバーグレイ フォーマルタイ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。