スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今レギュラーカラーが新鮮 SHIPS(シップス)レギュラーカラー クレリックボーダー シャツ 

ここ何年もワイドスプレッドカラー(衿の開きが120度程度のもの)ホリゾンタルカラー(衿の開きが180度程度のもの)のシャツが主流だったせいか、レギュラーカラーのシャツが今とても新鮮に感じます。そもそもレギュラーカラーはシャツの中でも基本と呼べるものなので、1枚持っていると活躍の場が多いものです。

下の写真のシャツはSHIPS(シップス)レギュラーカラーのクレリックボーダーシャツなのですが、一見無地に見える身頃が実は細いボーダーになっているという、遊び心満点のシャツです。ボーダーといっても遠めには無地に見えるので、大概の柄のネクタイは違和感無くあわせることができます。同じボーダー柄のタイを合わせたり、逆にペイズリーやドットのタイを合わせてみてもキレイにまとまります。

レギュラーカラーのシャツは、最近再び主流になりつつある2つボタンのスーツやジャケットとも好相性なので、2つボタンのスーツやジャケットを多く持っている方は1枚あると便利なものです。

SHIPS(シップス)レギュラーカラー クレリックボーダー シャツ


SHIPS(シップス)に関する詳細はこちら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。