スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知られていない事実「高価な革靴はほとんど蒸れない」 

ビジネスマンは毎日のようにはいている革靴。この革靴は蒸れるものだとと思っている人は多いと思います。確かに安価な革靴は合成素材を多用しているので、夏場はもちろん、真冬でも大いに蒸れてしまうものです。しかし、意外と知られていない事実なのですが、実は高価な革靴はほとんど蒸れないのです

では、何故高価な革靴は蒸れないのでしょう。その答えは簡単です。高価な革靴は素材のほとんど全てが天然素材を使用しているので、通気性を妨げるものがまったく無いのです。また、そもそも革は通気性が無いのでは?と誤解している人も多いのですが、革は元々動物の皮膚であったものなので、当然自然な通気性があります。しかし、安価な革は通気性を損なってしまうような着色の仕方を行っているので、そのような革を使って革靴を使うと蒸れてしまうのです。

ちなみにここで言う高価な革靴とはおおむね価格が5万円以上のものを指します。また、価格がその程度というだけでなく、靴メーカーが作っているものに限ります。例えはエドワードグリーンジョンロブクロケット&ジョーンズチャーチグレンソントリッカーズなどがこれに相当します。これらの革靴は安価な比べ、ほとんど蒸れることがありません。一見通気性がよさそうなキャンバス素材のスニーカーよりも間違いなく蒸れないのです。

また、靴メーカーが作る5万円以上の革靴は、正しく手入れをすれば10年以上履くことができます。そういったことを考えると1年あたり5000円程度、5万円以上の革靴といっても安いものです。

多くの人は革靴は蒸れるものだと誤解をしていますが、本当にいい革靴を履けばそれが誤解であることはすぐにわかります。そして足の嫌な臭いともおさらばできます。この点も重要ですよね!

ジョンロブ プレーントゥ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。