スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋冬スタイルは手袋が無ければ締まらない Dents(デンツ) ペッカリー手袋 ライニング(裏地なし) 

最近は地球温暖化が進んだせいか、都心部では真冬でもあまり重々しい防寒スタイルをしている人が少なくなってきました。そんなこともあり、手袋をしている人もかつてに比べると随分と少なくなったように思えます。しかし、手袋は防寒の意味合いだけでなく、実は男の秋冬のスタイルを締める重要なアイテムなのです革の手袋をはめたり、ポケットからチラリと見せるだけで、秋冬のスタイルはグッと締まって見えるものなのです

下の写真の手袋はDents(デンツ)というイギリスの手袋メーカーの物で、イタリアのメローラと並び最高峰の手袋メーカーと言われているものです。また、Dents(デンツ)ペッカリー(イノシシの一種)の手袋においては右に出る物は無いといわれており、写真のペッカリーの手袋はまさにデンツの手袋の真髄を味わえる逸品です。こんな手袋があれば秋冬のスタイルのグレードが格段に上がるというものです。

ちなみに日本で販売されている手袋の大半はライニング(裏地)が付いていますが、スーツに合う手袋は写真の手袋のような裏地無しのものだけです。裏地付きのモコモコした手袋では、いくらいいスーツを着ていても台無しです。スーツには裏地無しの手袋を!これは覚えておいて損は無いマメ知識ですよ!

Dents(デンツ) ペッカリー手袋 ライニング(裏地なし)


DENTS(デンツ)に関する詳細はこちら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。