スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツのズボンの丈について 長すぎ注意! 

スーツを着こなす上で重要なことってなんでしょう。そりゃ高いものを身につければそれなりには見えますが、それだけだったら楽なものです。頑張って高いスーツを買えばいいだけですもんね!しかしそう簡単にはいかないのがスーツの着こなしの面白いところ

ちょっとした箇所に気を配るだけで、スーツの着こなしはグッと良く見え、たとえ1万円のスーツでもそれなりに見えるもんなのです。

そのちょっとした箇所の一つがズボンの丈なのです。ズボンの丈が長いと、せっかくのスーツもなんだか借りてきたもののように見えてしまうのです。

では具体的にズボンの丈はどのくらいがよいか?私が思うに絶対に靴のカカトにとどかないくらいにすべきだと思います。靴のカカトにとどかないくらいということは靴を脱いでも床に引きずらないくらいですね~床に引きずってしまうくらいの丈だと、そのうち裾が擦り切れてきてしまいますからね~高校の制服ならともかく、大人のスーツのスソが擦り切れているのは絶対にダメですね。

というわけで、下の写真のようにズボンのスソは軽く靴にかかる程度にしましょう!そのほうがスッキリ見えますよ!
スーツのズボンの丈

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。