スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス) 

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)はイギリスのバーミンガムで1860年にホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏によって馬具商として創業されたメーカーです。

生い立ちが馬具商ということもあり、元々は馬具に使用する革であるブライドルレザーを使用して作られたレザーアイテムがホワイトハウス・コックスを代表するアイテムとなっています。

ホワイトハウス・コックスが使用するイングリッシュブライドルレザーは最高級のカウハイド(成牛の革)を10週間もの時間をかけて、丁寧にタンニンで鞣されています。また、天然染料でじっくりと染色されるため、革の色合いに深みがあり、格別な味わいがあります。

ブライドルレザーブルームと呼ばれる白い粉状のものが革の表面に現れるという特徴があります。これは革を仕上げる過程で、染み込ませた蜜蝋が染み出してきたもので、ブラッシングをすると革の中に戻ります。また、ブラッシングをせずとも、使用しているうちに自然に取れてきます。このブルームが取れてきたときの独特の滑らかになり、なんとも魅力的な風合いをかもし出します。

職人の手作業で作られたホワイトハウス・コックスのブライドルレザーのアイテムの数々は、使い込むにつれてしなやかになり、たっぷりと革のエイジングを味わえます。まさに一生物と呼ぶにふさわしいアイテムが揃っています。

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)が通販で購入できるショップ
UKism(ユーケーイズム)
BEYES(バイズ) EDIT STORE
Tokyo Life (東京ライフ)
伊勢丹オンラインショッピング
Yahoo!ショッピング
楽天


Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)の人気アイテム
ブライドルレザー製二つ折り財布
Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス) 二つ折り財布
ブランド名 Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)
イギリス
取り扱いアイテム バッグ、財布等の革小物
価格帯 10,000円~40,000円
デザイナーor
経営者
-

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。