スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体系別似合うコート、似合わないコート 

コートは冬場の着こなしのメインとも言えるアイテムです。コートは様々な種類があり、体系によって似合わないもの、似合う物があります。そのためコートの選択を間違えてしまうと、全体のコーディネイトがまったく締まらないものになってしまいます。そこで冬のコーディネイトを成功させるために、体系別の似合うコート、似合わないコートの紹介したいと思います。

①細身で背が高い
細身で背が高い人はたいていのコートはよく似合います。その中でもトレンチコートのように着丈が長く、スリムなシルエットのコートがよく似合います。逆にスリムな体系ゆえにあまりゆったりしたシルエットのコートは着られているような印象になるのでオススメできません

②太めで背が高い
太めで背が高い人は丈が長く、ボリュームのあるシルエットのコートがよく似合います。ひざ下丈のチェスターフィールドコートやゆとりのあるシルエットのトレンチコートなどがよく似合います。逆にショート丈のコートは上半身にボリュームが出すぎてしまうので、あまりオススメできません

③細身で背が低い
細めで背が低い人はひざ上丈のスリムなシルエットのコートがよく似合います。特に最近人気の3/4丈(着丈100cm前後)のステンカラーコートやトレンチコートが似合います。また、着丈85cm~90cmのショートコートも似合います。逆に着丈の長いチェスターフィールドコートなどのボリュームがあるコートは服に着られてしまっているように見えるので、オススメできません

④太めで背が低い
太めで背が低い人はひざ上丈のステンカラーコートやダッフルコートなどのシルエットにゆとりを持たせつつも、丈が短すぎないコートが似合います。逆にロングすぎたり、ショートすぎる丈のコートは似合いません。このような体系の場合は着丈に注意することが成功の鍵です。

とまあ、体系によって似合う、似合わないコートはありますが、ひざ上丈のステンカラーコートなどは比較的どんな体系にもよく似合います。もし色々と悩むようならひざ上丈のステンカラーコートを選べば間違い無しです。
チェスターフィールドコート

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。