スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツの袖の本切羽はクオリティを表す指標にあらず 

よく本切羽(ジャケットの袖ボタンが開閉するもの)になっているスーツの袖ボタンを、わざと開けて着ている人を見かけます。おそらくは本切羽であることをアピールしたいのでしょうが、あからさまにアピールしすぎると何だかいやらしく見えるように思えます。

そもそも、なんで本切羽であることをアピールしたがる人がいるかというと、色んな雑誌で本切羽は高級スーツの証みたいに紹介され、それを鵜呑みにしてしまっている人が多いからでしょう。しかし、実は本切羽は高級スーツの証でもなんでもないのです。

では、何故そのような誤解が生まれてしまったかというと、かつては本切羽オーダーメイドのスーツにしかなかったディテールだからです。では、何故既製品のスーツに本切羽は無かったか。その答えは簡単です。既製品のスーツの袖はお直しされることが前提にできています。そのため、袖を本切羽にしてしまうと、お直し代が格段に上がってしまうため、本切羽は避けるようになったのです。

ちなみに本切羽の袖の場合、袖丈をつめる際のお直し代はおよそ5000円前後そうでない場合は2000円前後と実に2.5倍ほどお直し代は違います。また、本切羽のスーツの袖丈をつめる場合は、肩の袖の付け根をバラして詰めます。10万円以下のスーツならば何も気にすることはありませんが、10万円以上のスーツでこれをやってしまうと、そのスーツの価値は失われます。なぜかというと、10万円以上のスーツの場合は、肩の縫製が職人の手作業である場合が多く、そこをばらすことは、すなわちそのスーツの価値を消すことになります

以上のことを考えると、本切羽が高級スーツの証であることが、単なる誤解であることがよくわかると思います。となると、本切羽はこれ見よがしに見せびらかすことでもないということも理解できるのではないでしょうか?
↓本切羽の袖はこんな感じ
本切羽の袖

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。