スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋服を買うときの注意点 シャツ編 

シャツを買うときの注意点は以下の通りです。シャツは自身のサイズを把握しておけば、それほど難しくありません。

◆ネックサイズ
ネックサイズとは首周りのサイズのことです。このサイズが大きすぎるとネクタイをしたときに首周りがゆがんで格好悪くなってしまいます。また、逆にきつすぎると第一ボタンが閉められなくなってしまいます。ネックサイズはシャツにとって非常に重要なポイントなので、自分の適切なサイズを把握しておきましょう。

◆後ろ衿の高さ
スーツと合わせる場合、シャツの後ろ衿はジャケット着用したときに隠れないようにしなければなりません。そのためには後ろ衿は3.5cm~5cmの高さが必要です。また、首が短めの人は後ろ衿が低めのものを、逆に長い人は高めのものを選択するとバランスよく見えます。

◆裄丈(ゆきたけ)
裄丈とは後ろ衿の中心からカフの先端までの丈です。日本人は短めの裄丈を好む人が多いのですが、あまり格好いいとはいえません。カフのボタンを開けた状態で親指の付け根に届くくらいがジャストサイズです。この状態で手首に丁度の丈の場合は、手を上げたときに袖口が下がり手首が露出してしまうので短いといえます。

身幅
身幅は胸周りのサイズです。このサイズが小さすぎると苦しく、大きすぎるとだらしのない印象になります。しかし、ネックサイズ、裄丈、身幅全てがジャストなシャツを探すのはなかなかに困難です。既製品のシャツを購入する上では、ネックサイズ、裄丈に比べればそこまでジャストサイズにこだわる必要はありません。

以上の点をおさえればシャツ選びは完璧です。シャツはあまり試着が出来ないアイテムなので、自分のサイズを把握しておくか、わからない場合は店員に測ってもらうと間違いがありません。


シャツの良し悪しは畳んである状態ではわからないもの
必ず広げて確認をしましょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。