スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の素材カルピンチョを使用した手袋 MADOVA(マドヴァ) カルピンチョ&ナッパコンビグローブ 

高級手袋の代表的素材というとペッカリー(いのししの一種)が有名です。ペッカリーはしなやかで通気性に富み、手袋の素材としてはまさに理想的な素材といえますが、貴重な素材のため、価格もそれなりにします。そんなペッカーリーに変わる素材として今注目を集めている素材があります。それが下の写真の手袋の素材にも使用されている「カルピンチョ」です。

カルピンチョ」とは何の動物の革かというと、あの「カピバラ」なのです。カピバラというと、かつてはなじみの薄い動物でしたが、近年はキャラクターグッズとして売りに出されるなどもあって有名になった、あのネズミ科の動物です。このカピバラの革であるカルピンチョがペッカリーの風合いによく似ており、また価格もペッカリーに比べると控えめなため、今注目を集めているのです。

ちなみにこちらの手袋はMADOVA(マドヴァ)というイタリアの手袋専門メーカーの手袋で、甲の部分はカルピンチョで、手のひら部分にはゴートスキン(仔ヤギの革)を使用した変りダネな手袋です。素材だけでなく、色も変えてあるのがなんとも心憎い限りですね。

最近では真冬でも手袋をしている人は少ないのですが、こんなお洒落な手袋があれば寒くなくても身につけたくなりそうですね。

MADOVA(マドヴァ) カルピンチョ&ナッパコンビグローブ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。