スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャツは白ばかりじゃつまらない! 

先日クリーニング屋に行った際に、白のシャツばかりを10枚ほどクリーニングに出している人を見かけました。しかも、その人はさらに10枚ほどのクリーニングされた白いシャツを受け取ってもいました。 まあ、男のシャツの基本は白であることは間違いありません。「ワイシャツ」という言葉も「ホワイト・シャツ」がなまってできたという説もあるくらい、シャツといえば白と考えがちです。しかも白いシャツはどんなスーツやネクタイにもあわせやすいのは事実です。しかし!だからといって白いシャツしかないというのもつまらないものです。たまには白以外のシャツもコーディネイトに取り入れるとオシャレ感がグッとアップします!

とは言えども、派手な色物のシャツは苦手という方も多いでしょうし、色物のシャツはコーディネイトが面倒という意見もあるでしょう。そんな方にオススメしたいのが、写真のような薄いブルーのシャツです。このサックスと呼ばれる薄いブルーのシャツは、白いシャツと同じくらい、どんなスーツ、ネクタイにも合わせやすいのです!これなら色物のシャツが苦手という方でもすんなりと受け入れられると思います。

ちなみに写真のシャツはストライプ柄に見えますが、プリントされたものではありません。ヘリンボーン(ニシンの骨という意味、日本語だと杉綾織)という織柄で、ほのかな光沢があり上質感溢れる逸品です。ブロード素材(通常のつるつるした生地)のシャツもいいですが、こんな素材感のあるヘリンボーンのシャツがあるとコーディネイトの幅が広がりますよ
ヘリンボーンシャツ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。