スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドット柄が洗練された印象をかもし出すロングホーズ BASSETT WALKER(バセットウォーカー) ドット柄ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス) 

ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス)は大人の男が履くに最も相応しい靴下ですが、その柄の選択はセンスが表れるので要注意です。無地ストライプドットがロングホーズの柄としては適切です。

写真のロングホーズは規則正しく並んだ細かいドットが洗練された印象をかもし出し、男が履くロングホーズとしては言うことの無い出来栄えです。さすがBASSETT WALKER(バセットウォーカー) が作ったロングホーズであるといったところです。

カジュアルにおいては長さ、色、柄、いずれも自由とされる靴下ですが、スーツスタイルにおいては無地、ストライプ、ドットでダークカラーのロングホーズのみが許されます。その狭い範囲でいかにセンスのよいものを見つけられるかはセンスの見せ所と言えます。

BASSETT WALKER(バセットウォーカー) ドット柄ロングホーズ(ロングソックス・ハイソックス)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。