スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクタイの結び方はシャツ衿の形によって変える! 

世の中のビジネスマンの襟元を見ていると、どうにもシャツの衿の形とネクタイの結び方があっていない人が多いような気がします。例えば細い結び目が合うタブカラーやピンホールカラーに太い結び目になるウインザーノットでネクタイを締めていたり、逆に太い結び目が合うワイドカラーやホリゾンタルカラーに細い結び目になるプレーンノットで締めていたりなどです。

また、シャツの衿の形だけでなく、ネクタイ自体の特性によっても、向く結び方、向かない結び方があります。例えば、今流行のナロータイはプレーンノットが向いていますし、ウインザーノットなどの結び目が太くなる結び方は生地の厚いタイに向いています。

ネクタイは一つの結び方を覚えてしまうと、その結び方ばかりで結んでしまいがちです。しかし、衿の形やネクタイの特性に合わせて、キレイに結んでこそ真のお洒落ができるものです!下に主なネクタイの結び方と向いているシャツ衿の一覧を表にしてみました。是非参考にしてみてください。

名称 画像 コメント 向いているシャツ衿
プレーン
ノット
プレーンノット 最もシンプルな結び方。ネクタイの小剣(細い方)に大剣を一度だけ巻きつけて結ぶ。
細身のナロータイや生地の薄いネクタイに向く。
レギュラーカラー
タブカラー
ピンホールカラー
ダブル
ノット
ダブルノット ネクタイの小剣に大剣を二度巻きつけて結ぶ。プレーンノットより若干太めの結び目になる。
細身のナロータイや生地の薄いネクタイに向く。
レギュラーカラー
タブカラー
ピンホールカラー
セミウインザー
ノット
セミウインザーノット ネクタイの小剣に大剣をまきつける前に、大剣を一度手前に通してから結ぶ。
生地の厚いネクタイの方がきれいに結べる。
レギュラーカラー
ワイドカラー
ウインザー
ノット
ウインザーノット ネクタイの小剣に大剣をまきつける前に、大剣を二度手前に通してから結ぶ。
生地の厚いネクタイの方がきれいに結べる。
ワイドカラー
ホリゾンタルカラー

コメント

わかりやすいですね

はじめまして。
とても誠意が伝わるわかりやすいブログだと思います。
結構助かるサラリーマンの方も多いのではないでしょうか?
是非これからも良い記事書いてくださいね。

こんばんは。jilさん

お褒め頂ありがとうございます。
まあ、ちょっと毒舌な部分もありますが、
暖かい目で見守ってやってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。