スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対にやってはいけない着こなし その1 スーツのジャケットの一番下のボタンはとめない! 

近頃は春ということもあり、初々しい新卒のサラリーマンがぎこちないスーツの着こなしで街を闊歩して入るのを見かけます。その中にスーツのジャケットのボタンを全部留めて着ている若者がいたりまします。これはいけませんね。

スーツの着こなしには多くのルールがあり、中には絶対にやってはいけない着こなしがあります。その代表的なものがスーツのジャケットの一番下のボタンはとめないということです。

なんでかって?スーツのジャケットは一番下のボタンを留めると下のボタンのあたりに妙なシワができてしまいます。これではせっかくの格好いいスーツも台無しですね。なので一番下のボタンは留めてはいけないのです。

じゃあ何でとめてはいけないボタンが付いてるのかって?そもそもボタンというものはとめる役割だけでなく、飾りの役割も果たしているのです。というわけで、一番下のボタンは飾りと思ってください。

スーツの正しい着こなしはモテリーマンを目指すため第一歩です!スーツのジャケットの一番下のボタンはとめない!このルールは知っておいて損は無いですよ♪
ジャケットの一番下のボタンはとめない

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。